どこよりも詳しい、簡単かわいい刺繍のやり方【トートバッグ編】

ハンドメイドが好きな人なら、マスターしたい「刺繍」。小物に自分の好きな模様をステッチできたら、手作りの幅がぐっと広がります!
今回は簡単にできる、トートバッグに刺繍する方法をレクチャーします。

トートに刺繍って、最高の組み合わせ♡

難しそうに見える刺繍ですが、実はやり方さえ覚えれば簡単。 今回は、トートバッグにリース形の刺繍をしてみました! 今まで紹介してきた技法もたくさん使った応用編です。


▶用意するもの

・トートバッグ お好きなトートバッグ ・刺繍糸 お好みの色で! ・刺繍針 針穴が大きい針であればいいです! ・刺繍枠 (今回は、15cmのものを使用) ・リボン お好みの色で!(3mm、9mmのものを使用) ・ビーズ 小ぶりサイズのものがオススメ! ・ビーズの色にあった糸 どんな糸でも◎ ・チャコペン 荒い下書きをするため、絶対消えるタイプを使ってください! ・はさみ 糸が切れればOK!


▶準備

①刺繍をしたい大きさとだいたい同じサイズのものを置き、位置を決めます。 (今回は、直径10cmくらい、トートの真ん中より少し上のあたりにしました。)


②うっすらと下書きをします。 (あとで消すので、消えないペンやマーカーで描かない)


③針が刺しやすくなるように、下書きに沿って刺繍枠をはめます。


▶青いお花のつくり方_リボン刺繍

まず、針にお好みのリボンを通して準備をします。 ※リボンの通し方は、こちらの【☆STEP1】を参考に ↓ ↓ ↓


どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【小花編】

①裏から針を出します。


②表に出てきたリボンを、少し折り返します。


③そのまま何度かリボンを重ねて折って、指で上から押さえます。


④重ねた部分の真ん中をめがけて、針を刺して裏側で留めます。


少しゆとりをもたせておくのが、ポイントです!


そのまま続けて、あと2箇所ほどリボン刺繍をします。


⑤リボン刺繍が出来上がったら、普通の糸がついた針にもちかえて、裏から真ん中に針を通します。


⑥針にビーズを通し、また裏に向かって針を刺してビーズを固定しましょう。


こんな感じ。


▶薄紫のお花のつくり方_バリオンローズステッチ

糸は、刺繍糸2本取りで。


①裏から針を出します。


②5、6mm離れたところ(●)から、裏から出た糸のすぐ横(▲)に針を刺します。


③針に糸を巻きつけ、下の方にきゅっと寄せておきます。 巻きつける目安は7~8周分くらい。 (②●〜▲の幅と、よせたときの糸の幅が同じだとバランスがよい。)


④の部分を軽く抑えながら、写真のような状態になるまで針を引きだします。


⑤さらに針を反対方向に倒して、糸のたるみをなくしましょう。


⑥最後に、青丸の部分に針を刺して裏で玉留めします。


こんな感じ。


続けて花の形になるように刺繍していけば、完成。


▶Y字の葉っぱのつくり方_フェザーステッチ

こちらも刺繍糸2本取りで。


①裏から針を出します。


② ①の左横に針を刺したら、糸を下に引っかけながら写真のようにもう一度針を出してY字をつくります。


こんな感じ。


③次は、右側から左右反転したような感じで刺します。


続けて刺していくと、このようなY字の葉っぱが完成します。


▶残り4箇所は、今までに紹介した技法を使う!


■赤丸 刺繍糸(レゼーデージーステッチ、フレンチノットステッチ、アウトラインステッチ)
どこよりも詳しい、簡単かわいい刺繍のやり方【シースルー靴下編】

■青丸 リボン刺繍(ストレートステッチ)
どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【小花編】

■緑丸 リボン刺繍(フレンチノットステッチ)
どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【大花編】

■水色丸 刺繍糸(サテンステッチ)
どこよりも詳しい、簡単かわいい刺繍のやり方【カラー靴下編】

刺し終わったら刺繍枠をはずし、アイロンを軽くかけたら完成!

完成!

これだけの技法を覚えれば、最高にかわいいモチーフがいくつでも作れる! ここでは下書きがすごく簡単なものになっていますが、お花を刺す場所などしっかり書き込んでもOK。 ただし、消えるものを使わないと下書きのあとが残ってしまうので要注意! たくさん応用して、いろんな作品を作ってみてください♡


写真・文/大西美音