かんたんハンドメイド Lesson!リメイクシャツの作り方

手作り大好きな編集担当が、ハンドメイドの面白さを語る連載「ハンドメイドを語る会」の出張版。今回は、今までの記事の中で好評だった “リメイクシャツ” の作り方を徹底解説しちゃいます! ハンドメイド好きの方、必見です…!

リメイクシャツを徹底解説!

「ハンドメイドを語る会」で人気だった「リメイクシャツ」がこちら。 連載では解説しきれなかったギャザーの寄せ方を詳しくご紹介します。


今回はこのチェックシャツのように、切り替えのギャザーを作ります。


▶▶用意するもの

・ビッグサイズのシャツ 半袖、長袖どちらでも!(できるだけ大きめが◎) ・ミシン ・裁縫道具(針、糸、はさみ、まち針)


《BEFORE》 ・ただただ普通のチェックシャツ。(メンズのLサイズ) ・着てみるとお尻が隠れるくらいの丈


1▶切る

実際に着てみながら、だいたい胸下あたりで印をしてカット。 カットする位置は好みで分かれます。 ・抜き襟することも考えながら、丈を少し短めにする ・脇の方に向かってカーブをするようにカットする ・慎重になりすぎず、自分が思ったようにカットする の3点を気にしながらカットしました!


2▶裾をつくる

①カットした裾部分を、さらに真ん中にカット。身頃を上下に分けます。


② B のボタンを開けて広げ、真ん中で縦に半分にカット。 (写真は、半分に折ったもの)


③ A も同じようにボタンを開けて広げます。 片方の裾を裏側に折って縫います。 縫い代は、5mm~1cmくらい。



④ B、A、B の順に並べて縫い合わせます。 (写真では、 A が長すぎるので省略してあります。)


⑤最後にギャザーの量を均等に調整するために、ここで下準備をしておきます。ABをつなぎ合わせたギャザーの上部分と、もとのシャツに目印を付けます。 それぞれの長さを4等分した位置に、印として5mmの切れ込みを入れます。



3▶ギャザーを寄せる

①ミシンを使い、大きめの針目で2本(端から7mm~1cmのあたり、縫い代の真ん中のライン)縫います。 ★ 5mm~1cmくらいのなみ縫いで代用可能!


②ギャザーを寄せていきます。 ★下糸2本を一緒に引っ張ります。 ギャザーを寄せた裾とシャツの裾が、同じ長さになるように合わせて糸を結びます。


③ギャザーの縫い代部分に軽くアイロンをかけて、落ち着かせます。 格段に縫いやすくなる!


④ 2の⑤でつけた目印の切り込みの位置を合わせ、中表(生地の裏側が上になる)にしてまち針を刺します。 ★まち針はたくさんとめた方が失敗が少ないので、しるし以外にもバランスを見てまち針を刺しましょう。


4▶シャツ本体と合わせる

①中表にした状態でミシンで端から端まで縫っていきます。 裾部分が上にくるようにミシンにセットします。 ギャザーを整えながら、慎重に縫っていきましょう! ★大きめの針目から、普通地用の針目に直してから縫うこと!


!完成!

《AFTER》 こんな感じに仕上がりました! ギャザーを寄せてリメイクことで、カジュアルなチェックシャツが女の子らしい印象に♡


後ろ姿もとってもキュート! シャツ1枚でできるから材料も少なく、ちょっとした小技でとってもかわいいシャツに大変身。 最初はなかなか思うようにできないかもしれませんが、慣れれば簡単にできちゃいます◎ 袖は、切っても切らなくてもOK! 好きなようにカスタマイズしてみては…?


(編集 ライオンちゃん)