7月のヘルシー薬膳レシピ 〜夏美人をつくる 夏野菜たっぷりチャーハン〜

女の子のための薬膳連載vol.32。食事と運動、両方の視点からの不調改善をご提案します。
病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか?
そんな日々感じる不調を薬膳とヨガで整えましょう。

夏美人をつくるには・・

7月のテーマは「夏美人の作りかた」。 夏美人とは、露出が多くなるこの季節、体を引き締めることや紫外線から肌を守りお手入れすることなど様々ありますが、薬膳的には夏に出やすい不調を食べ物で整えて、夏を快適に元気に過ごすことです。ここが整っていなければ、運動をしても疲れるだけだし、お肌のお手入れも効果が半減してしまいます。 まずは夏に注意したい点やオススメの食べ物を知って、夏美人を目指しましょう!


夏はここに注意!!

暑さと湿気、この2つとうまく付き合うことが大切です。 暑さをうまく体から出せないと、高熱やイライラ、顔が赤くなるなどの熱症状につながります。また、湿気も体に溜まってしまうと体温の上昇や喉の渇き、手足のだるさやむくみ、消化不良や下痢など全体的に重だるさとスッキリしない症状が出てきます。 このような症状を予防、または改善するには以下の食材を意識的にとってください。 ★体の熱を冷ます食材 小麦、あわ、きび、ズッキーニ、トマト、きゅうり、豆腐、キウイ、バナナ、スイカ、ナス、ミョウガ、もやし、レタス・・etc ★体の余分な水分を出す食材 小豆、とうもろこし、緑豆、黒豆、冬瓜、きゅうり、はと麦、スイカ、アスパラ・・etc


今日のかんたん薬膳 〜夏美人をつくる 夏野菜たっぷりチャーハン〜

<材料 2人分> ご飯 茶碗2杯分 ミニトマト 6個 きゅうり 1/2本 とうもろこし 1/2本 ベーコン 2枚 卵 2個 *醤油 小さじ2 *オイスターソース 小さじ2 *塩 少々 *コショウ 少々 <作り方> 1. とうもろこしは皮をむき、ヒゲを取り熱湯で3分程度茹でて、身をそぎ落とす 2. ミニトマトは4等分に、きゅうりは5mm角に切る 3. ベーコンは食べやすい大きさに切る 4. フライパンを熱し油を入れて、ベーコンを炒め、溶きほぐした卵を入れて大きく混ぜる 5. 温かいご飯を入れて、卵を絡めるように炒める 6. 卵とご飯が万遍なく混ざったら、1と2を入れてさっと炒める 7. *の調味料で味付けをし、器に盛ったら出来上がり


写真・文・構成/建部春奈