【週末リセット旅】台湾女子旅なら”台中”が人気って知ってる?

「日ごろの疲れを癒す旅に出かけたい!」そんな女子たち必見の心も体も癒す週末リセット旅をご紹介します。今回ご紹介するのは、台湾の中でも今注目の台中エリアです。

女子旅するなら今は台中がアツい!

台湾旅行と言えば、小籠包、タピオカミルクティー、足つぼマッサージなど楽しいポイントが豊富な女子旅の人気が高い旅行先の1つですよね。 中でも、最近人気のグルメが、阜杭豆漿(フーハント―シャン)。 こちらは少しだけ砂糖を入れ、あたためた豆乳に、揚げパンを付けて楽しむ台湾の定番朝食。人気店ともなると、朝から1時間程度の行列ができるほどだそう。


阜杭豆漿の場所はこちら

そんな台湾で、今じわじわと人気を集める台中をご存知ですか? 台中は、台北から電車でおよそ2時間の場所に位置する都市。実は、日本から直行便も出ていることもあってじわじわと人気を集めているのです。 今回はそんな台中の中で、特に人気のスポットを3つお伝えいたします。


1:通称虹の村「彩虹眷村」

一度見たら忘れられないビビットな色使いで、壁や道路にさまざまな絵が描かれている「虹の村」こと、彩虹眷村。 実は数年前まで、再開発のために取り壊しが決まっていた場所でした。


そんな場所で、ひとりのおじいちゃんが趣味の絵を書き始めたところ「虹のような村だ!」と話題になり、観光客が訪れるようになったのです。


おじいさんが描いた絵の中には、「平安百福」などの幸せを願う心当てはまる言葉が添えられています。 平和を願うおじいさんの思いを感じることができ、心が温まりそうですよね。


2:日本語のお店?「宮原眼科」

カフェやレストラン、スイーツなどを楽しんだり、お土産の購入ができる「宮原眼科」。 実は日本が台湾を統治していた時代に日本人の宮原医師が開業した時の名前がそのまま使われているため、「宮原眼科」という名前なのです。


赤レンガづくりでノスタルジックな宮原眼科ですが、その内装は超豪華。 中でも目に付くのが、豪華なシャンデリアと天井まで届く本棚。それが「ハリーポッターにでてきそう」と注目され、観光客から人気を集めているのだそうです。 クラシカルな雰囲気に、ゆっくりとした贅沢な時間を過ごせそうですよね。


3:アジアのウユニ湖「高美湿地」

空と海が一体化した鏡のような体験ができる地と言えば、ボリビアの「ウユニ湖」が有名ですが、実はその体験を台中でもすることができるのです。 それが「高美湿地」。塩の満ち引きや、日没の時間、天気がすべてそろって見ることができる、その貴重な景色を求めて、多くの方から注目を集めています。


そんな高美湿地のベストシーズンは3~10月。それ以降は、水位が上がってしまい、湿地へ入ることができず、さらにかなり寒くなってしまうのだそう。 ぜひ秋旅スポットの1つとして、検討してみてはいかがでしょうか?


いかがでしたか?「せっかく台湾に行くなら台中も楽しみたい!」そんな方は、台北と台中の両方を楽しめるプランがおすすめです。

ちなみにH.I.S.なら、台湾と台中の両方を楽しめる3泊4日のプランは95,800円から。
ぜひお気に入りのツアーをチェックしてみてくださいね?

詳しくはこちらから!

取材・構成・文/於ありさ
取材協力・写真提供/H.I.S.(https://www.his-j.com