10月のヘルシー薬膳レシピ 〜体ポカポカ 鮭と野菜のグラタン〜

女の子のための薬膳連載vol.45。
食事と運動、両方の視点からの不調改善をご提案。
病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか?
そんな日々感じる不調を薬膳とヨガで整えましょう。

10月のテーマは「冷え対策」

10月に入り、昼間は暖かさを感じるものの、朝晩は少しずつ空気の冷たさを感じるようになりました。これから寒さが増すに連れ、気になり始めるのが体の冷え。 最近は室内がしっかりと温度管理されているため、夏は冷房の中、冬は暖房の中で過ごすことが多くなります。そのため、自分自身の力で体温を調整することができなくなり、一年中体の冷えを感じる方も多くなっています。 冷えはお腹の中から温めてあげることが大切。 冷えを感じる方はなるべく冷たいものを摂らない方が良いのですが、どうしてもという時は一緒に温かいものや体を温める食材を摂ることをおすすめします。 また冷えを感じる時は、お腹の中から冷え、消化も弱っていることが多いです。温める食材+消化を整える食材を摂るよう心がけましょう。


体の中から温める食材

ネギ、ニラ、生姜、ニンニク、唐辛子、胡椒、シナモン、山椒、玉ねぎ、鶏肉、ラム肉、鮭、エビ、くるみ、・・etc

消化を整える食材

生姜、ニラ、ネギ、しそ、粟、白菜、山芋、蓮根、大根、カボチャ、カブ、舞茸、干し柿・・etc

今日のかんたん薬膳 〜鮭と野菜のグラタン〜

<材料 2人分> 鮭 200g 舞茸 1パック 玉ねぎ 1/2個 大葉 5枚 小麦粉 小さじ2 牛乳 200ml 味噌 大さじ1 塩 ひとつまみ コショウ 適量 チーズ 適量 <作り方>


1. 鮭は塩を振り、2cmくらいに切る。10分程度置いたら、キッチンペーパーで表面の水分を拭いて小麦粉とコショウをまぶす


2. 舞茸は石づきを切り落として小房に分け、玉ねぎは薄切りに、大葉は千切りにする


3. フライパンにオリーブオイルを熱し、鮭を焼いて取り出す


4. フライパンに再びオリーブオイルを入れて、玉ねぎとしめじを炒める


5. 小麦粉を入れて混ぜ合わせたら、牛乳と白味噌、塩を加えて、ここで大葉も加えてよく混ぜる


6. 耐熱皿に3を入れて上から5をかけたらチーズをのせ、 オーブントースターで焦げ目がつく程度に焼く (オーブンの場合は200℃に熱し、15分程度)


写真・文・構成/建部春奈