メリハリある毎日を過ごしたい!働く女性のON・OFF切り替え術

仕事とプライベートの境目をはっきりつけたい。
休みの日も充実させたいと思っているのに、ダラダラと過ごしてばかり。人生は一回きりだからこそ、そろそろ「時間管理」の意識を。

今回は、働く女性におすすめのON・OFF切り替え術をご紹介します。

■髪型から意識を変える

仕事の自分とプライベートの自分。 大人になればなるほど、線引きが必要に。一番簡単な方法は、髪型から意識を変えていくこと。 たとえば仕事モードのときは一つ結びを徹底する。休日はダウンスタイルや、同じ一つ結びでも軽く巻いてみたり。 小さな工夫ですが、実は意外と効果があるかも。お手洗いに行ったときにダウンスタイルの自分をみると「休日感」を覚えます。いつもとは違う自分を鏡越しに見ながら、友達と会っている時間、恋人と会っている時間が急に愛おしく思えるときも。 社会人一年目や切り替えが苦手な人は、ぜひ一度試してみて。


■お仕事用の香りと休日用の香りを分けておく

髪型と同じく、香りも二つに分けておきましょう。仕事用のときは、差し障りのないようフレッシュな香りを重視し、プライベートでは甘い香りにしてみるとか。 シチュエーションによって香水を使い分けられるようになると、大人な女性の雰囲気にみえます。憂鬱な月曜日も仕事用の香水を吹きかけるだけで、一気にONモードになれるのです。 香りは、鼻に近づけただけで瞬間的にリフレッシュできます。たまには自分へのご褒美として、ハイブランドの香水を買ってみては?


■おこもり休日をはさみながら体力温存

充実した休日を過ごしていたいと普段は思っていても、疲れが溜まってはうまくいきません。どうしても体力的に難しく、外出さえも面倒くさいなら、一日家にこもると決めましょう。 何をしたらいいのか分からない人は、前日にお家でやっておきたいことをリストアップしてもいいでしょう。 たまにはお財布を休ませてあげる時間も必要です。一切お金を使わず、今あるもので楽しむ。おこもり休日をはさんでいくうちに、必ずいつもの元気な状態に戻れます♡ 何をオフとするかは、人それぞれボーダーラインが異なります。 大切なのは、癒される時間がどんな時間なのかを意識しながら毎日を過ごすことです。 仕事とプライベートの線引きが少しでも上手になると、自分にも自信がもてるようになりますよ♡


文・構成/山口恵理香