【手帳活用術】“ライフログ”で100倍楽しい!趣味手帳のススメ

「楽しかった体験をスマートフォンだけでなく、形に残したい!」そんな方におすすめなのが趣味のためだけの手帳を作ること。
今回は趣味を楽しむ手帳活用術について紹介します。

1:旅行の思い出は1日1ページ手帳に

「旅の思い出を残したいけど、アルバムを作るのはめんどくさい」そんな方には、1日1ページ手帳がおすすめです。 旅先のチケットやスタンプなどを貼り付けるだけでも、立派な思い出ログになるでしょう。カメラ女子は撮った写真を印刷して貼っても◎


旅行だけでなく、映画や美術館のチケットを貼るのもおすすめ。 横に簡単に感想を書くことで、あとあと、どんなことを感じたか振り返りやすくなりますよ。


2:イラスト×ブロック手帳で簡単自分ログ

1日1ページ手帳を使うほどではないけど、簡単なイラストを残したい人にぴったりなのがブロック手帳。 カフェ巡りをしたり、毎日料理を作ったりしている人は、自分だけのごはんログとして使っても良いかもしれません。おいしかった食べ物は、食べて終わりではなく、記録することで食の楽しさが倍増しますよ♪


着まわしコーデのメモとして使うのもおすすめ◎ 「去年の今頃、どんな服着てたっけ?」「仕事で取引先から好評だったコーデって?」「彼の好みのファッションって?」と着まわしに迷ったとき、見返しても良いかもしれませんね。


画像提供/エルコミューン
使用手帳/2018年10月始まり手帳 週間ブロック B6 コンペア/エルコミューン 1,700円+税

3:多趣味×エンタメ好きにはガントチャート

ガントチャートは左から右に日付が進んでいくタイプの手帳なので、プロジェクトの進捗管理などに使えるもの。 その一方、多趣味な人におすすめのフォーマットでもあるのです。


例えば好きなアイドルやアーティストのライブの予定と、テレビや雑誌などに出る予定をメモ。 リアルタイムで見たいものには、丸をつけることで予定が立てやすくなるでしょう。また、予定をメモしておくことで、Twitterやネット記事などのレポートをあさるのにも便利!


さらに好きなスポーツクラブがある人にもおすすめ。 練習の予定は下に、試合の予定は上から書くことで見分けやすくなります。 さらに自分が現地に見に行きたい試合には丸をつけることで、お友達との予定も立てやすくなりますよ。 ぜひ試してみてください!


企画・構成・文/於ありさ