焼くだけで即食べられる!日持ちする冷凍作りおきレシピ

下味をつけて冷蔵庫で寝かせておけば、あとはフライパンで焼くだけで完成する「漬けおき」レシピ。時短料理かつ洗い物も少ないので、忙しい女性の味方です! 今回は保存性が高く、冷凍保存しておけば日持ちもする“味噌”を使った2つのレシピをご紹介します。

肉のみそ漬け焼き [調理時間 15分]

≪材料(2人前)≫ ●好みの肉 (豚ロース厚切り・牛ステーキ肉…2枚分 鶏もも肉…1枚分) 【A】 ●みそ…大さじ2 ●酒…大さじ1 ●砂糖…大さじ1


①ボウルにAを入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせます。 ②「サランラップ®」の上に肉の面積分だけ①のみそ床を薄く塗り広げ、そこに肉をのせます。 肉の上面にもみそ床を薄く塗り広げたあと、空気が入らないよう「サランラップ®」をぴったり包みます。


③②を「ジップロック®ストックバッグ(M)」に入れ、冷蔵室で1~3日寝かせて味を染み込ませます。


④「クックパー®フライパン用ホイル」を敷き、みそ床をきれいにふき取った肉をその上にのせます。弱火で片面4~5分ずつ様子を見ながら焼き、中までしっかり火が通れば完成です。 ≪POINT≫ Aのみそ床にすりおろしたにんにくやしょうが、みじん切りの長ねぎなどを加えるといろいろな味のバリエーションが楽しめます!


魚の西京漬け [調理時間 20分]

≪材料(4人前)≫ 切り身魚(銀ダラ、サケ、サワラなど)…4切れ 塩…適宜 【A】 西京みそ…150g みりん…大さじ2 酒…大さじ1 1/2


①魚に塩をふって30分ほどおき、水気をふき取ります。 ②ボウルにAを入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせます。 ③②のみそ床を4等分します。「サランラップ®」にみそ床1/4量の半分を塗り、そこに魚1切れをのせます。上からもう半分のみそ床をのせ、表面を覆うように塗り広げて「サランラップ®」でぴったりと包みます。残りの3切れも同様にしましょう。


④③を「ジップロック®ストックバッグ(M)」に入れ、バッグ内の空気を抜いてジッパーを閉めます。冷蔵室に入れて1~3日おき、味を染み込ませます。


⑤フライパンに「クックパー®フライパン専用アルミ」を敷き、魚のみそ床をきれいにふき取って乗せます。弱火で片面4分ずつ様子を見ながら焼き、中までしっかり火が通ったら完成です。 ≪POINT≫ 切り身をガーゼに包んでからみそ床に漬けると、焼くときにみそがきれいに取れます。


レシピ提供:旭化成ホームプロダクツ株式会社