【銭湯が美術館に?!】あの”ケロリン桶”モチーフのアート作品展開催!

10月27日(土)、28日(日)の二日間限定でケロリン桶がテーマの『ケロリンミュージアム』が、北千住の銭湯”タカラ湯”にて開催されます。銭湯を美術館に変えた斬新なアート作品展に注目です!

アートの主役はあの”ケロリン桶”?

富山県を銭湯でもりあげる「富山×銭湯PROJECT」の第二弾として、芸術の秋にぴったりの『ケロリンミュージアム』が開催決定! じつは富山県は人口当たりの銭湯数や入浴時間の長さがトップレベル! そんな銭湯好きの多い富山県をアピールすべく、あの”ケロリン桶”を主役にしたアート作品展になっています。


銭湯の中はケロリンまみれの美術館!

ケロリンミュージアムには、ケロリン桶と、銭湯と富山を愛した前衛芸術家リチャード・ケロリーンの作品が多数展示されています。 2024個のケロリン桶を積み上げた代表作『ケロリンピラミッド』は圧巻です!



ケロリン桶の黄色をメインにしたポップな色使いがかわいい♡


銭湯をそのまま使った会場が斬新で面白い! 幻の「ホワイトケロリン」も展示されているので、ぜひ見つけてくださいね。 さらに展示だけでなく、限定グッズも販売予定! ぜひケロリンミュージアムに足を運んで芸術の秋を楽しんでみてください!


【イベント詳細】

《富山×銭湯PROJECT~ケロリンミュージアム~》 ■場所:タカラ湯 (東京都足立区千住元町27-1/最寄り駅:北千住駅) ■料金:入場無料 ※イベント当日は入浴できません。 ■日時:10月27日(土)、28日(日) 10時~18時(17時30分最終入場)


出典:PR TIMES