パッケージに一目惚れ♡ ステッカーがおしゃれな一杯 〜CANVAS TOKYO〜

カフェとインスタ映えが切り離せない存在になった今、グッズが欲しくなるほどドリンクのパッケージがおしゃれなお店が続々と登場しています。今回は、とくにパッケージが可愛いと話題の3店舗をmer編集部がレポート! 前・中・後編のうち、第3弾となる後編をお届けします。

CANVAS TOKYO

今回ご紹介するのは、広尾にある「CANVAS TOKYO」。ヘルシーなドーナッツや、フォトジェニックなタピオカドリンクが話題のお店です。

今、SNS映えスポットが集まるエリアとして注目されている広尾。中でも人気を集めているお店が、今回ご紹介する「CANVAS TOKYO(キャンバス トウキョウ)」です。 広尾駅・出入り口2番から約5分、パリの一角にあるような佇まいのビルが目印ですよ。


1階はコーヒースタンドになっており、テイクアウトで気軽にドリンクをオーダーできるようになっています。店内に入ると、コーヒーのいい香りが漂っていました。 今回、ご紹介するのはタピオカドリンクですが、焙煎にこだわった特製のオリジナルコーヒーは、コーヒー好きにも評判の一杯。コーヒー派の方はぜひお試しあれ!


2階は、白を貴重としたカフェスペース。広尾の閑静な街並みを眺めながら、ゆっくり過ごすことができます。 ドリンクだけではなく、自然にお肉がほぐれるジューシーな「プルドポーク」や、バターの芳醇な香りがたまらない「グリルドクロワッサン」など、フードメニューも充実。ランチタイムに立ち寄っても、十分お腹を満たせますよ。


merライターFが注文したのは、3層のグラデーションが綺麗なタピオカミルク「紫イモ黒糖」。これが噂の“パッケージがお洒落な一杯”です。 テイクアウトは620円(税抜)、店内で飲む場合は720円(税抜)になります。 コクがありながらもくどくない甘さと、モチモチ食感のタピオカの相性が◎ ちなみに3層のグラデーションは、混ぜるとパステル系のラベンダーカラーに変化します。 フレーバーは全6種類。他に「ミルクティー」「 ほうじ茶ショコラ」「ストロベリー」「ブルーベリー」「抹茶黒糖」があります。


食いしん坊ライターは、一緒に評判のドーナッツも注文! キュートな見た目の「ベリーベリー」は280円(税抜)。実はこちらのドーナツは、麻布十番で人気の「nico ドーナツ」のもの。大豆や雑穀パウダーをベースに作られたドーナツは、油分が通常より約60%も少ないのだそう。 これなら、タピオカドリンクと一緒に食べても罪悪感がありません。 もっちりとした生地と優しい甘さで、甘党ではないライターもペロッといけるドーナツでした。


ドリンクステッカーの可愛いキャラクターは、すべてお店のオリジナルデザイン。 1階のコーヒースタンドのコーヒーには「Mark(マーク)」、タピオカドリンクには「 Francois(フランソワ)」など、個性溢れるキャラクターが、ドリンクのパッケージを彩ります。店内の壁や階段の展示スペースなど、至るところにキャラクターがいるので、ぜひ見つけてみて。


デザインが気に入った方は、店内の1階で、オリジナルグッズも購入が可能。缶バッジやキャンバストート、もちろんステッカーも揃っています。


「CANVAS TOKYO」がある広尾散歩通りは、雑貨屋さんやヴィンテージアイテムを扱うセレクトショップなど、文字通りお散歩にぴったりのエリア。 コーヒースタンドの左側には、ちょこんと腰掛けられるスペースもあるので、ぜひ広尾の散策時に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


『CANVAS TOKYO』
○住所:東京都渋谷区広尾5-19-6
○営業時間:10:00〜19:30
○電話番号:03-6432-5700 撮影・文・構成/文 希紀