太らない体を作る薬膳レシピ 〜代謝アップのオニオンスープ〜

女の子のための薬膳連載vol.49。
食事と運動、両方の視点からの不調改善をご提案。
病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか?
そんな日々感じる不調を薬膳とヨガで整えましょう。

11月のテーマは「冬の太らない体作り」

11月7日に立冬を迎え、暦の上では冬を迎えます。冬になると、体も本能的に寒さを防ぐために脂肪を蓄えようとします。特に女性は子宮周りに脂肪がつきやすく、「冬になるとお腹が出てきた気がする・・」と嘆く人も少なくないはず。 太るのは寒さをしのぐためだから仕方ないと言いたいところですが、やはり太らない体になりたいとは思いますよね。 この時期はダイエットというよりは、太らない土台作りの時期と考えたほうが良さそう。 そのために意識してほしいのが血や気(エネルギー)の巡りを良くして代謝をアップさせること。もちろん寒い時期だからこそ冷やさないことも大切です。 食事では、「巡りを良くする食材」や「体を温める食材」を意識して摂り、日常生活ではゆっくり湯船につかったり、寝る前にストレッチやヨガを取り入れたり、ちょっとした運動をすることも効果的です。


血と気の巡りを良くする食材

玉ねぎ、ネギ、紫蘇、ピーマン、青梗菜、オクラ、納豆・・etc

体を温める食材

にんにく、生姜、唐辛子、シナモン、ネギ、ニラ、玉ねぎ、舞茸、鶏肉、エビ・・etc

今日のかんたん薬膳 〜代謝アップのオニオンスープ〜

<材料 2人分> 玉ねぎ 1個 水 300ml 野菜コンソメ 小さじ1/2 塩コショウ 少々 オリーブオイル 大さじ1/2 粉チーズ お好みで <作り方> 1. 玉ねぎは皮をむき、半分に切って薄切りにする


2. 鍋を熱しオリーブオイルを入れたら、玉ねぎを入れる 弱火で焦がさないよう飴色になるまで炒める


3. 玉ねぎが飴色になったら、水と野菜コンソメを加えて5分程度煮込む


4. 最後に塩コショウで味を整えて出来上がり *器に盛ったあとにお好みで粉チーズをかけても!


写真・文・構成/建部春奈