“実家暮らし”でも結婚できる女子・できない女子の違いって?

実家暮らし、と話した途端に男性の表情が暗くなる…。
世間では、いまだに「実家暮らし=甘え」という認識があるようです。
ただ実家暮らしでも結婚している女の子たちは、たくさんいます。結婚できない理由をすべて実家暮らしのせいにするのは、安易な発想かも。

今回は、実家暮らしでも結婚できる女子と結婚できない女子の違いをご紹介します。

■実家暮らしでも結婚できる女子「家族同士で交流する」

実家暮らしでも結婚できる女子は、家族が側にいる環境を活かします。彼にも家族と仲良くして欲しいと説明をし、付き合ってすぐに両親に紹介。彼の両親にも会い、家族同士の交流をスタートさせちゃうんです。 彼もお互いの家族ぐるみで交際できていれば安心。 交際年数が経てば、必然的に結婚を考える状態になります。これは実家暮らしだからこそのメリットです。 家族が側にいれば、予定を合わせるのも簡単。しかもお互いの実家が近ければ、なおさら家族同士の交流が深まるでしょう。


■実家暮らしでも結婚できる女子「家事が得意」

実家暮らしでも結婚できる女子は、今、自分がいる環境を無駄にはしません。側に母親がいるなら、無料で花嫁修業を受けられる状態。おそらく彼氏ができた瞬間から、いつでも結婚できるようにと料理やその他家事をがんばっているはずです。 一人暮らしを続けていれば、わざわざ自炊をする必要がなくなってしまいますが、実家暮らしは別。家族分の料理をつくらなければいけない状況になるため、本人さえやる気があれば、いくらでも花嫁修業できる環境なのです。 料理だけではなく、裁縫やお掃除、洗濯など、家事全般が得意な女の子は、たとえ実家暮らしであっても、男性からは「甘えている」とは思われません。


■実家暮らしだから結婚できない女子は「親に甘えて自立を目指していない」

実家暮らしで結婚できない女子は、やはり親に甘えてばかりで自立しようとしません。経済的にも精神的にも自立を果たせていない状況に、本人は危機感すら覚えていなかったり。 もしかしたら、結婚さえも親がどうにかしてくれると思っている人もいるのかも。今は両親が元気で過ごせていても、いつ今の状況が変わるかは分かりません。 20代に突入したら、そろそろ支えてもらうのではなく、家族を支える側に回りましょう。何もかも親任せでいれば、結婚できないのも仕方がない!


■実家暮らしだから結婚できない女子「彼よりも家族との時間を優先しがち」

実家暮らしをしていると、通常よりも家族との距離感が近くなります。ママとも友達のように一緒にでかけたり、旅行をしたり…。 せっかく彼氏ができても、予定を組むときに優先されるのは彼ではなくママの方で、彼としては納得がいかない状況。彼からしてみれば、実家暮らしだからこそ親にべったりなんだ、と言いたいかもしれませんね。 あくまでも今の彼との結婚を望んでいるなら、家族との用事ばかりを優先しないように気をつけて。いつかは大好きなママ・パパからも巣立たなければいけないんです! 実家暮らし=結婚できない、というのは少し間違った見解かも。 実家暮らしでも本人が自立しようとがんばっているなら、間違いなく、そのまま結婚生活へと進めるでしょう。 「実家暮らし=甘えている」と思われないように、家族との距離感を意識しつつ、花嫁修業もがんばりましょう♡


文・構成/山口恵理香