動画で簡単♡ 100均の『ニットメーカー』で手編みマフラーを作ろう

“マフラーを編む” ってなんだか難しそうですが、今回紹介する「100均ニットメーカー」なら簡単に編むことができるんです!
使うもの全てが100均で揃って気軽にチャレンジできる、ニットの編み方を詳しくレクチャーします。

100均アイテムでマフラーが作れる!

100均にあるニットメーカーがすごいと話題沸騰! リリアンのように毛糸を引っかけて外す作業を繰り返すだけで、簡単にニットが編めちゃうんです。


▶用意するもの

・ニットメーカー(今回は1~38の刻印がされているもの) ・毛糸(今回は4玉) 目の詰まったものが好みなので、できるだけ太めの毛糸を用意しました。


▶準備~編み方

①毛糸の片端を玉結びして、下の溝に引っかけます。


②1から一番大きな数字(今回は38)まで順番に、写真のように毛糸を掛けていきます。


③一通り引っかけたら、一度余りの毛糸を上の溝にはさみます。 そうしたら編んだところ全体を押し下げます。


④上の溝にはさんだ糸をはずし、引っかけた部分が2重になるように、37から1に向かって掛けていきます。


⑤1まで掛けたら下の溝にはさみます。


⑥37から1に向かって数字順に下段の糸に針を引っかけ、外していきます。 1まで終わったら押し下げます。


⑦溝から糸をはずし、2から一番大きな数字(38)に向かって掛けていきます。 この順序で好きな長さまで編み進めていきます。


▶外し方

好きな長さまで編めたら、毛糸をニットメーカーから外していきます。

①片方の溝から毛糸をはずし、1を2に引っかけます。


②その上に溝からはずした糸を引っかけます。(全3段)


③下2段を一気に針に引っかけ、糸を外します。


③次に2を3に引っかけます。


④そこに、残っている糸を引っかけます。


⑤下2段の糸を一気にはずします。 これを最後まで続けます。


⑥5cmほど残してカットし、最後に残った穴に残った糸を通して引くとマフラーに!


こんな感じ。


⑦端の余った糸は、ニット生地に入れ込んで目立たないようにしましょう。


+α ▶スヌードにする

①「外し方 ⑥」の段階で、片方の糸を50cmほど残してカットします。


②マフラーの両端を縫い合わせるように、左右交互に毛糸をニットに入れ込んで編み上げます。このとき、とじ針がある人は通して、ない人はそのままでOK。


※とじ針を使わないときは、糸を折って輪っかを作ったほうが穴に通しやすいです。



こんな感じ。 ③一番最後の穴に通してほどけないように結びます。 5cm程度に切り、さっき「▶はずし方⑦」のようにはさんだら出来上がり!


▶完成!

特別な技術がなくても、簡単に編むことができました! 好みもありますが、編地がスカスカになるとあまり可愛くないので、太めの毛糸で作るのがオススメです♡ 皆さんもぜひ作ってみてください!