クリスマスは最後まで仲良く♡デートで彼のモチベーションを下げるNGワード

せっかくのクリスマスデートなのに。普通に楽しんていたつもりが、いつの間にか彼のご機嫌がななめ状態。気づかないうちに彼のモチベーションを下げるNGワードを言っている可能性も。
クリスマスが原因でそのままお別れ…なんてことがないように、最後まで仲良く過ごしましょう♡ 今回は、クリスマスデートのNGワードをご紹介します。

■「なんでもいい」は絶対回避!

デートのときに、つい口グセで「なんでもいいよ」と伝えていませんか? 彼からしてみると「なんでもいい」は一番困るんです。「どこに行きたい?」と言われたときに「〇〇のお店に行ってみたいんだよね」と具体的に言ってもらった方が助かります。 なかには「なんでもいい」と言っておきながら、彼が一生懸命みつけたデートスポットを「ここって、つまらない」と一刀両断しちゃう人も……。 デートは男性がリードするべき、という価値観を押し付けるのではなく、自分も協力しながらデートを盛り上げましょう。なにもかも彼任せでは、彼が怒っても当たり前かもしれませんね。


■「〇〇の方がよかったんじゃない?」とあとからクレーム

彼が選んだ食事場所。彼が選んだデートスポット。すべてを否定するような発言をすれば、彼の機嫌が悪くなるのも仕方がないような……。 そこまで文句を言うのであれば「最初から言ってほしい!」が、彼の本音でしょう。すでに彼の機嫌が悪いのに、さらに喧嘩を促進するように「何で怒るの?おかしくない?」と言っていませんか? 彼のセンスに不安があるなら、最初から自分で下調べをして、伝えておけばよかったのです。そもそも、まずは彼に「ありがとう」が先です。「彼氏なんだから、それくらいして当たり前よ」と思っていると、彼にもその気持ちが伝わっちゃいますよ!


■「寒いから早くして!」と彼の行動を急かせる

クリスマスの時期は、寒さが厳しくなります。防寒対策をしているとはいえ、スカートやワンピースで外を歩くのも大変。というか、疲れますよね。 とはいえ、彼も寒いのは同じです。少しでも温かいところで、ゆっくりしたいのも同じ。そんな彼の気持ちを察しないまま、なぜか彼を自分の思い通りに動かそうとする女の子もいます。 彼が珍しく「ここのお店をみたい」と言うから入っても、イライラしながら「寒いから早くしてよ、私も行きたい場所があるんだけど」と催促する彼女。彼の優しさにずっと甘えていると、いつかは彼もブチっとキレてしまいます。彼だって見たいお店はあるし、食べてみたいメニューもある。 彼の行動を急かすだけではなく、自分の思い通りに動かす傾向があるなら、クリスマスくらいは彼のリクエストも聞いてあげてください♡


■「前に来たことあるー!」と元カレの存在をチラつかせる

クリスマスデートに元カレの話をするのは厳禁です。 たとえ彼に対して遠慮がなくなってしまった結果だったとしても、さすがに過去の話を出されるのは機嫌が悪くなります。 彼が優しい人であっても、です。たしかに元カレとの交際年数が長ければ、たまたま今の彼と行った場所が初めてではないときもあるでしょう。しかし、そういう事実があったとしても心の内に秘めておくのが今彼に対する配慮です。「ここ、元カレと来たことあるー!」と、はしゃぐのは禁止。彼は友達ではなく彼氏です。他の男性の話をしたら、さすがに頭にくるでしょう。 彼の機嫌を損ねているのは、自分の責任かも。 無意識のうちに彼を傷つけるときもあるんです。付き合いはじめて年数が経っても、彼への思いやりを忘れずにいてあげて♡


文・構成/山口恵理香