1月の占い 2019年の運気を上げる!12星座におすすめの“今年やるべきこと”

1月の新月は山羊座でおこります。山羊座は目的意識がはっきりした星座ですから、太陽も山羊座に入宮中の1月19日までに今年の目標を立てるのがおすすめ。
「今年こそ恋人がほしい」とか「夢が叶いますように」とか、いつも同じ目標になりがちですが、少しばかり角度を変えて目標を立ててみる方が叶いやすい。12星座別に2019年に目標にするといいことをお教えしましょう。

火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)

牡羊座におすすめの目標は専門的な勉強。学生はこれという分野を決めて、働いているあなたは社会人講座などで興味のあることをチョイス。ある程度わかったらすぐに次のことをやりたくなる牡羊座も徹底的に究めましょう。特にやりたいことがないなら、語学をマスターすると役に立ちます。


もともと華やかなスポットライトを浴びたい獅子座はダンスや楽器など人前で披露できるお稽古事をはじめましょう。ナンバーワン志向も強いのでトップにたつために努力を重ねていけば、目標の実現もそう遠くはなさそう。


幸運の星・木星が入宮中の射手座は新しいことを始めるのがラッキー。体育会系の射手座ですから、今年はあえて文科系なことにチャレンジするのがよさそう。映画を一年で100本みるとか、本を100冊読むとか、目標をきめて、クリアすべく頑張ってみましょう。人生観が変わるかも。


地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)

牡牛座が目標にしたいのは、パワースポット巡り。神社・仏閣だけでなく、パワーがあるといわれているところにも出かけて行って変化の激しい2019年を乗り切りましょう。ただし、神社・仏閣には日が昇っている時間にお参りを。暗くなってからいくのは厳禁です。


乙女座は今年はダイエットして美ボディになることを目標に掲げたい。プライベートがあわただしくなりそうな2019年、規則正しい生活・食事・運動を続けるのはかなり厳しいけど、几帳面な乙女座ならやりとげられるはず! ただし、やりすぎて身体をこわさないように。


12月に木星が入宮する山羊座はそれまでは準備期間。やらなくちゃいけないと思いつつ、先のばしにしていることをすべて片づけて、すっきりしておきましょう。やらなくても何の不便もないことはこの際きっぱりやめてしまった方が精神衛生上いいかも。


風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)

双子座が目標にしたいのは人間関係の整理。社交的な双子座はたくさん友達がいるけれど、困ったときにかけつけてくれる本当のお友達は案外いなかったりするもの。くされ縁はこの際、断ち切って、仲良くなりたい人と思う人には一歩踏み込んで。


天秤座の2019年の目標は旅。お誘いが多くていつも人に囲まれている天秤座も、たまには一人旅で人生についてじっくり考えてみましょう。長距離より、近距離や日帰りなど小旅行に数多くでかけるのがおすすめ。時間がとれない人は本を読んだり、音楽を聴いたりする心の旅でも十分です。


水瓶座は今年、新たな才能をみつけることを目標に。マルチタレントの水瓶座にも何かしらの苦手分野はあるはず。絶対無理と思っていることをやってみたら案外得意で、それがライフワークになったりするかも。


水の星座(蟹座・蠍座・魚座)

2019年は仕事運好調で忙しくなりそうな蟹座は、銭湯検定とか、アニメ検定など、一見すぐには役に立たないような資格取得を目標に。仕事に役立つ検定に挑戦してもいいですが、あくまでも趣味の範囲で仕事のストレス解消になりそうなことがおすすめ。意外なところで役に立つ可能性も。


執着心の強い蠍座は、一度挫折したことで、それが心の奥底に後悔として残っていることはありませんか? 今年は再度挑戦を目標にするのがおすすめ。しばらく時間をおくとうまくいくことが多い。クリアすれば前に進むことができます。今度こそ長く続けていきましょう。


オフィシャル面で変化がありそうな魚座は、季節の行事をきちんと執り行うことで、自分の心と体を整えておきましょう。まずは11日の鏡開きから。鏡餅を包丁などで切らずに叩き割って食べると無病息災で過ごせます。


占い・文/小泉茉莉花
イラスト/和泉琴華