早起きで充実♡忙しい女子ほどやっている「朝カフェ」の楽しみ方

朝の空気は新鮮で気持がいい。たまには、いつもより早めに起きてカフェに行ってみるのも楽しそう! コーヒーの香りを楽しみながら、未来について考える時間をとれるなんて贅沢すぎませんか? 今回は、朝カフェを楽しむ方法をご紹介します。

■アイデアがおりてきやすいカフェをみつける

朝カフェを楽しむためには「場所」が大切です。 朝からザワザワしていたり、店員さんの対応にちょっと納得できなかったりすると、せっかく朝早くから起きたのに意味がなくなってしまいます。 やはり何事にも相性はありますから、朝カフェをしやすい(あるいは楽しめる)場所を探しましょう。まずは朝しか食べられないモーニングメニューのあるカフェを探してみるといいかも。 自分だけのお気に入りカフェをみつけて、今よりももっと充実した毎日に変えちゃいましょう♡


■議題を事前に考えて紙に書きだしていく

朝カフェに入ってもなにをすればいいのか分からない……。 そんなときは紙とペンを用意し、脳みその整理整頓をはじめましょう。事前に議題を書き出して、あとはその質問に従って答えを書きだしていけばいいのです。 たとえば「どういう仕事についてみたいか考えてみる」「結婚したいのかどうか分からないから、理想のライフスタイルについて考えてみよう」と、ひとり会議をするための議題をだしてみるんです。 まっさらな状態から、いきなりあれこれと考えるのは難しいかも。でも事前に「これについて考えよう」と決まっていれば、意外と簡単。紙に書き出すのが大変なら、頭の中だけで考えてみるのもあり。朝カフェの時間もあっという間に過ぎていくほど充実感を覚えます。


■カフェにいる間はスマホをお休みする

せっかく、朝早く起きたのに、カフェでスマートフォンを操作するのは、ちょっと時間を無駄にしているような気もしますよね。朝カフェしている間は、できれば携帯電話はバッグの中にイン。SNSの世界からも離れて、リアルな世界を満喫しましょう。 普段は、隙あらばSNSをチェックしているでしょう。決して毎回、良質な情報を見られるとは限らず、ときには友人の投稿をみて、自分に足りないものがたくさんあると落ち込むときもあるはずです。 朝カフェをしている間くらいは、そういったしがらみから自分自身を解放してあげることが大切なんです♡


■読書不足を朝カフェで解消する

これも読みたい、あれも読みたいと買っておいた本や雑誌……。 ちゃんと目を通せていますか?たしかに積読状態のままでも意味がないわけではありませんが、最初から最後まで目を通し、見聞を広める時間は大切です。 大人になればなるほど、目の前にやるべきことが増えて、読書不足に陥ります。活字に触れないまま時間が過ぎていくというのは、どこかもったいないような気もしたり。 朝カフェをすると決めたなら、本を一冊、鞄の中に入れて出発!あとはお気に入りのドリンクを飲みながら、物語の世界へワープしましょう♡ 朝にカフェへ行くと、モチベーションの高い人たちが集まっていて、周りの人の姿をみるだけで元気になってきます。朝から勉強している人もたくさんいますし、頭を抱えながら仕事について考えている人もいます。 モチベーションが下がりはじめる前に、朝カフェの時間をとり、心の調子を整えておきましょう♡


文・構成/山口恵理香