【APPTOPI】ヘアアクセに使った生花をハーバリウムにアレンジ♡

こんにちは、APPTOPIライターのねるねるです❤

成人式などのヘアアレに、生花やドライフラワーを使ったりする人もいますよね♡ でもそのお花って、使い終わった後どうしていますか? 捨てたくないけど活用方法がわからない…という人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな人向けに可愛いお花を捨てずに、オリジナルハーバリウムにアレンジして、可愛く保存しておく方法をご紹介します。

生花のヘアアクセ

私は成人式で、かすみ草とお任せで入れてもらったピンクのお花をつけました❤


お花屋さんが髪に挿しやすいように、テープやワイヤーでアレンジしてくれました! ハーバリウムにするときは、これらを外して使います。


そもそもハーバリウムとは?

ハーバリウムは、もともと研究用の植物標本を表す言葉だそう。現在では、主に観賞用のインテリアをハーバリウムと呼んでいます。
ガラス瓶の中で咲いているかようなお花がとってもかわいいんです♡

今回は以前取材させてもらった、Cafe no. のドリンクボトルをガラス瓶の代わりにしてハーバリウムにしたいと思います!


とってもカンタン!ハーバリウムの作り方

①お花を束にする 先ほども書いたように、お花を固定しているテープやワイヤーを外します。 好きなようにお花を組み合わせたら、もう一度束にします。私は小さいヘアゴムでまとめました! これを、リボンやひもで花束風に結んでもかわいいです ♪


②花束をボトルに入れる 束にしたお花をボトルに入れます。 この時、あまり大きな束にしてしまうと入らなくなってしまうので、大きさには注意です!


③ボトルに液体を入れる ハーバリウムは本来、専用のハーバリウムのオイルを保存液として使います! このオイルは、長く美しさが保たれることやカビが発生するなどの心配が少ないそうです! ですが、そんな液どこで売ってるの?買うのがめんどくさい…という人もいると思います!笑 そんなめんどくさがり屋さん必見!! なんとなんと、水道水でも代用ができるみたいです! なので、今回は水道水を使ってハーバリウムにしてみます ♪ 70℃で加熱した水道水を、沸騰したお湯で洗浄したボトルに入れます! こうすることで細菌を減らし、カビを防げますよ。 ★POINT ・洗浄や加熱が甘いと、カビが生えやすくなってしまうので丁寧に。 ・今回の作り方はあくまでも一時的に手軽に作るやり方です。長い期間ハーバリウムを残したい人は、専用のハーバリウムオイルを使って作ってみてくださいね♡


オリジナルハーバリウムで『#置き画』を撮ってみた

BEFORE ピンクの紙を敷いて #置き画 を撮ってみました! この画像をインスタ内で加工します。


AFTER この加工は、以前私が書いたブルー加工の方法とほとんど同じです! 記事で書いた加工と違うところは、温かさをブルーの時とは反対にあげてオレンジ感を出しました。 ピンクっぽい画像の時は、このような色のほうが可愛くてふんわり感が出ます♡ ★おまけ 今回は、お花の色を目立たせるために他には何も入れませんでした。 もう少しいろんなものを入れてみたい人は、ビーズやラメのパウダー・天然石などを入れて可愛くするのもありです♡


写真・文/ねるねる(APPTOPIライター)

ねるねるさんの記事を読む→https://apptopi.jp/author/neruneru/
APPTOPIでインスタの記事を読む→https://apptopi.jp/