【New Year Interview 宮崎葉】行動することを大事に。演技など新しい仕事で結果を残したい!


Happy
New
Year
Interview

You Miyazaki

新年明けましておめでとうございます! 2023年の幕開けを記念して、人気merモデルにインタビュー。宮崎葉ちゃんに、2022年の思い出と新年の豊富を聞きました。お正月らしい着物姿もお見逃しなく。


Look back 2022

新しい自分を目指して
日々走り続けた1年

「“新しい自分に挑戦したい”って目標を立てた2022年は、それが実るというよりも、新しい自分になるための準備をしていた1年って感じがします。例えば、演技をしてみたいと思って、人脈を作るためにいろんな人に会ったり。まだ仕事にはつかながっていなくて結果は出ていないけど、コツコツ自分なりに動いた1年でした。

そんな中、秋に放映されたケンタッキーのCMはこれまでで1番アップで表情も映ったから、「見たよ」って言ってもらえることも多かったし、家族もよろこんでくれてすごくうれしかった! 以前ご一緒した監督さんが使ってくださったので、オーディションで決まったお仕事だったけど、つながりを感じた1本でもありました。

あとは、去年もmerMOOKが出せたのはうれしかった。私がこの仕事を始めたきっかけが雑誌のmerだから、今もWEBとしては残っているけど、また紙として本屋さんに置かれるのは感動でした。初心に戻ってまた頑張ろうって、いろんな思いがこみ上げてきました。今回はお渡し会があって、地元の関西でイベントができたのもめちゃめちゃありがたいことだし、そのイベントがmerっていうのもうれしい! イベントに呼んでもらえてよかったなって感謝しています。

思い出深いことと言えばチア。だんだんコロナが落ち着いてきて、チアの大会が元通りになり、メンバーも増えて自分がやりたいチアができるようになって。8月にあった大会でめちゃくちゃ良い演技ができました。練習ではノーミスの演技ができなかったのに、本番で初めてノーミスで演技ができて、チームみんなで本当によろこんで終われました。競技だからやっていて辛いときやしんどいときもあるんですけど、その中にも楽しいときがあって、その瞬間がやみつきなんです。

一昨年よりも、仕事、遊び、チアとか、全ジャンルにおいて慌ただしい1年でした。目の前にやることが常にあったというか、やらなきゃってプレッシャーを与えていたゆえの時間の速さだったのかな。それでももっと動かなきゃって思うから、この仕事って本当に終わりがない。どんどんやるべきことが見えてくるから、現状に満足せずに頑張ろうって思っています」。


Towards 2023

「今年はひとつひとつの与えられた仕事に全力で取り組みたいし、2022年にばら撒いてきた種を咲かせなきゃいけないと思っています。仕事は待ってるだけじゃだめなんで、自分から取りに行く。動くことは、去年に引き続いてやっていきたい!

つながりができてもオファーがないものは、良いところを見せきれていないのも原因だと思うから、Instagramをもっと活用したい。セルフプロデュースがあんまり上手じゃないから、いろんな人を見習って頑張らなきゃなって。オリンパスのミラーレス一眼カメラPENを買ったので、より質の良い写真で自分を見せていきたいです。新しい自分を見つけるためのひとつのツールとして使っていきたい!」。

自分を上手に見せることで
先の仕事につなげたい!

 

You’s kimono style

ダークトーンのシックな着物は
装飾や髪飾りで華やかに

「みんなと違った雰囲気にしたかったから、今日は渋めの着物にしようって決めていて、このグレーを選びました。帯も落ち着いた色みを選びつつ、レースを入れたり、バッグでキラッとさせて個性をプラス。髪も派手めにして和と洋の融合を楽しんだよ」。


撮影/有坂政晴
文/石井佐代子
構成/祖谷美帆

衣装協力:kesatokyo