【Starting 2022♡菅沼ゆり】ブランドにコラボ…ものづくりに恵まれた去年。今年はより丁寧に向き合いたい!

Let’s start moving

2022

YURI SUGANUMA

2022年の新たな幕開けを記念して、merモデルの菅沼ゆりちゃんにインタビュー。去年、自身のブランド「LOBJECT(ロブジェクト)」をスタートさせたゆりっぱに、2021年を振り返りながら、新年の豊富を語ってもらいました。


Starting 2022

自分のリズムをつくって
丁寧にものづくりをしていきたい

 

モデル私物(●コート/ディアシスターフッド ●ニット/ロブジェクト。9000円 ●古着のパンツ/「ルイク」で7000円 ●帽子/オーバーライド。4000円 ●メガネ/ゾフ×菅沼ゆり。11000円 ●ピアス/セリーヌ。もらいもの ●リング/h’eres ●ブーツ/スタウド。50000円)

去年は自分のブランドLOBJECTがスタートしたり、コラボレーションなどものづくりをたくさんさせてもらいました。でも振り返るとスケジュールに追われて、すべてが100%でやれていなかった部分もあるから、今年は丁寧に先を読んでお仕事をしていきたいです。

 

Look back 2021

本領発揮できないもどかしさを感じながらも
ものづくりに邁進

去年はコロナの影響で上半期のお仕事が下半期にずれ込んでしまい、後半はかなり忙しくなって自分のメンタルと現状が追いつかず疲れてしまった1年でした。コラボなど大好きなお仕事をさせてもらっていたから、それが順序よくできていたら、もっと充実した年になったと思うんです。

ものづくりの仕事が多かったのは、とてもありがたかったです。帽子、バッグ、香水、下着のコラボもしたし、自分のブランドも始めました! 大好きなものづくりをたくさんやれていたのに、インプットが少なくてアウトプットを無理やりしていたから、自分が消費されちゃったことも。発売が続いて、ファンの子も困惑させてしまったと思います。発売が重なると、自分のインスタが宣伝ばっかりになってしまって、プライベートをもっと見たいって思ってくれてる人にも申し訳なかったかも。

そんな中でも、下着ブランド「ravime(ラヴィミー)」とのコラボのヴィジュアルでは、初めて自分の頭の中を完璧に再現できたことに感動! プロフェッショナルの人たちにサポートしてもらいながら、自分のやりたいことができたことがうれしかった。また下着だからか、年上の人が着けてくれたり、普段の自分のファン層じゃない人にも響いたのがうれしかったです。

LOBJECTは去年の9月からスタートしました! 自分が着たいものが作れるから、自分の好きが確認できる。自分が好きなものをちゃんと言えるようになったのも良かったし、ファンの子がよろこんでくれたり、周りの友達がナチュラルに着てくれているのもうれしかった。

ただ、始める前には大変だとはちゃんと心得ていたつもりだったけど、そんな自分が浅はかだった。つくるもののアイディアはどんどん浮かんでくるんだけど、PRのことをちゃんと考えてなかったんです。SNSにどのぐらいの頻度でどんな写真を載せるとか、どうやってコーデを提案をするかを全然考えられていなかった。そこが思った以上に忙しくて、自分がまだついていけてない状態です。それが今の自分の課題なので、海外のブランドや友達のブランドのSNSを参考にしたりして研究しています。

あとは、去年やっと引っ越せました! ずっと理想の家を探していて、ついにどんぴしゃな家を見つけました。今まではワンルームでローテーブルで仕事をしてたけど、新しい家には作業部屋がつくれたので、生活にメリハリをつけて仕事ができる準備ができました。


Towards 2022

コロナになってから仕事のリズムが崩れてスランプが続いてしまってるけど、引っ越しして環境も変えたし、今年こそ変えていきたい! 余裕を持ったスケジュールで、すべてのものづくりに対して、ちゃんと納得したものをつくっていきたいです。仕事のリズムを整えて、LOBJECTもコラボももっと丁寧に頑張りたい。

あとは車の免許が取りたい! 先月、数か月ぶりに旅に行って、絶景を見たのが刺激になってやる気がでました! こういう色彩でお洋服作りたいとか、こういう背景で撮影したいとか、インプットが広がるので、そういう意味でも早く免許を取っていろんな場所に行きたいです。資材屋さん、生地屋さんなどの見学にも行きたくて、今は誰かに運転してもらわないと行けないので、自分の力で行けるようになりたいです。

 

様々な場所でインプットしたことを
アウトプットしていきたい!

 

 


MESSAGE

今年は実りのある一年にするべく、車の免許とったりして、できる範囲で行動力を広げてLOBJECTに還元していきたいです! みんなもいろんな事があると思うけど前向きに2022年も進んでいこうね! 今年もよろしくお願いします♡


撮影/有坂政晴
取材・文/石井佐代子
構成/祖谷美帆

※●から始まるクレジットはすべて本人私物です。価格は本人の申告によるものです。