【Starting 2022♡柴田紗希】ファッション愛を再認識!もっと可愛く、オシャレを楽しんでアイコン的存在へ

Let’s start moving

2022

SAKI SHIBATA

新年明けましておめでとうございます! 今年もmerをよろしくお願いします。2022年の幕開けを記念して、merモデルの柴田紗希ちゃんにインタビュー。マルチに活躍するしばさきちゃんのこの1年を振り返りながら、今年の展望を聞きました。


Starting 2022

自分の思い描くファッションの人を確立して
ファッションアイコンになる!

 

モデル私物(●古着のスウェット/「ジャンティーク」で3000円 ●中に着たブラウス/ビリティス・ディセッタン ●古着のパンツ/7000円 ●ニット帽/サンプルセールで4000円 ●ピアス/12000円 ●タイツ/カルツェドニア。3足1000円)

この仕事を始めてからずっと毎日をせわしなく過ごしてきたけど、コロナ禍で自分と向き合ったときに「頑張るのをやめよう」って思ったんです。今まで勝手にみんなの理想像の“しばさきちゃん”をつくっていたのをやめて、自由な心になった今、私が1番大事にしたいのはやっぱりファッションだって気付いた。

 

Look back 2021

無理して頑張ることをやめたら
自分をリセットできた

去年は仕事を始めてからの人生の中で、1番気張らず優しく過ごせた1年でした。私は“しばさきちゃん”っていう、自分の中でつくっちゃっていたものがあって、それに苦しめられていた気がします。本当の自分は、もっと自由で、もっとハッピーで、もっとキラキラするものを全力解放できていなかったような。大好きなオシャレを楽しんではいたけど、どこかで“しばさきちゃんらしさ”に囚われていたんです。

自分が心から楽しんだり、本当に好きなもの、思いを込めてできるものだけを、意思を持って表現していこうって気持ちに変わりました。髪の毛をピンクにしたのもそのひとつ。merってピンクの髪とかじゃないけど、してみたらすごく楽しくて、今まで以上にいろんな服に挑戦できるようになった。それからファッションがもっと自由になった気がします。

今までは仕事を最優先にして生きてきたけど、友達と遊ぶことを優先することも。楽しいことに全力を注ぐと決めた年だったので、仕事が入る前に友達との予定やわくわくすることをスケジュールに入れて、その日は仕事を入れない!って過ごしていました。もちろんそんなタイミングはなかなかないけど、それぐらいの気持ちで今を楽しむことを大事にするように。昔の自分には絶対にできなかったから、新たな自分と出会えた大事な選択でした!

 


Towards 2022

30歳になって、“可愛くなりたい”っていう素直な目標がすごく腑に落ちるんです。可愛くなるために、いろいろやってみる!って気持ちが突然出てきました。今、将来がすごくワクワクしてる。そんなワクワクする自分が好きだから、自分のことをもっと好きになりそうって感じなんです。

去年ゆっくり自分と向き合った結果、やっぱり服が好きだってことに気付いた。このもっとオシャレになりたい!って気持ちは、おばあちゃんまで続くと思う! これからはもっともっとファッションの人になりたくて、いつかパリコレに呼ばれるようなファッションアイコンSAKI SHIBATAになるためにセンスを磨いていきたい。今までもいろんな服を着てきたと思うけど、もっといろんな服を着ていくのかも。


SAKI SHIBATAって呼ばれるような存在になるのは
、めちゃ難しそう。でもできそうにないからワクワクする! 自分の身体もちゃんとして、どんな服でも可愛く見せられて、自分が大好きなスタイリングをしていくことが、SAKI SHIBATAに繋がっていくと思う。夢はデカくだから! そしたらワクワク生きていけるかなと。

あとは、TVの仕事やナレーションの仕事にも興味が出始めました。最近テレビで共演した芸人さんが「君は何も考えずに普通に喋ってるのが面白いから、もっとテレビに出たほうがいい」って言ってくださって、それを見て誰かが喜んでくれたり、元気になるなら、やりたいなって思ってきました。2021年に休んだから見えてきたものがあったって感じてます。去年、心を改善したことで得られたことが、この先に繋がっていくんだと思う。

本当に着たいと思うお洋服を、もっと素直に楽しみたい。“みんなにこう見られたいから”じゃなくて、自分が着たいから、自分が理想とする素敵な女性に近づくような服を着ていきたい。人に見せる服じゃなくて、自分が着たい服を楽しんでいきたいです!

 

もっと可愛く、オシャレを楽しんで
ずっとワクワクしていきたい!

 

 


MESSAGE
自分に厳しく生きることも優しく生きることも両方やってみたら、どっちもすごくいい経験でした。でも正解も間違いもないから、みんなも人生を遊ぶように生きてみたらすごくいいと思う! いろんなことを一緒に経験していきたいです。

撮影/有坂政晴
取材・文/石井佐代子
構成/祖谷美帆

※●から始まるクレジットはすべて本人私物です。価格は本人の申告によるものです。