new辻千恵 in 2021 感性を磨き、生まれた“新たな視点”で一歩踏み出す

Hello 2021, 
Hello 新しいわたし

CHIE TSUJI

ニューノーマルな変化の多い1年だった2020年。そんな新しい状況の中、merモデルの意識も大きく変わっていました。女優としての活躍が増える辻千恵ちゃんが、新しいことに挑戦し続ける中で、2020年で変わったことと、今年の目標を聞きました。


千恵の2020→2021

美術館で芸術に触れることで
自分の視点を変えることを覚えた

 

秋に香川に旅行したときに、豊島美術館に行ったんです。建物の中に、水が湧き出す泉を模した展示があって。その日はたまたま雨で、展示の上に雨が降ると水がくっついたり、離れたりしていて。展示物と偶然降っていた雨が織りなす光景を見ながら、ふと『水みたいに生きて行こう』って思ったんです。多分、生きていたらいろいろあるけど、その場その場で、柔軟にくっついたり離れたり、まためぐり逢えたら一緒になったりとか、そういうふうにして生きていくしかないなって思ったんです。

 

 

なんでそんなことを考えたかと言うと、仕事でやる気がないって見られることがあって。でもやる気がなかったらこの仕事を選んでないから、やる気がないわけじゃないんだけど、私は自分の気持ちが表に出にくいみたいなんです。伝える仕事をしているのに、感情が出にくいってダメなこと。でもそれを乗り越えていくために、この仕事を選んだんだなって思うようにしたんです。仕事でもプライベートでも表現することを、自分の課題にしていきたい。

ボイトレの先生に「青いところでは青く染まって、赤いところでは赤く染まらないと生きていけないんだよ」と言われたことを思い出して、本当にそうだよなって実感しています。水のように柔軟に、しなやかに生きていきたい。

去年は美術館に行く機会がすごく多くて、芸術に助けられた部分が大きいです。

砧公園の世田谷美術館では、コロナで展示室に何も置けないので、「作品のない展示室」というコンセプトの展示をしていたんです。部屋に何の展示もなかった分、窓から見える景色が絵のように見えて。自分の視点や角度を変えれば違ったものに見えるし、時間が経てば外の色も変わる。自分の見方次第で、同じものでも受け取り方が変わる。視点を変えることの大切さを感じました。

視点を変えたら、仕事で怒られることがあっても、それを激励として受け取れるようになりました。物は考えよう、自分が思ってるより、ひとつもふたつも深く見てみれば、変わるんだなって実感しています。

 

感性を磨いた♡ 千恵の3大トピック

豊島美術館で自分の人生観を考え直した

「香川旅行で美術館巡りをしました。豊島美術館のメインの展示『母型』は、平面なのに水が動いていて、それを見ながら自分の生き方を考え直しました」。


「作品のない展示室」で視点を変えることを知れた 

「去年は出かけられないことが多かったけど、身近にあった芸術に触れるきっかけにもなりました。世田谷美術館の『作品のない展示室』は、観る角度を変えることの大切さを知れた場所」。


お薬のような詩集『まっすぐ前 そして遠くにあるもの』

「この詩集は自分が行き詰まったときに読んでいます。読む度に涙しちゃうところが違って。自分の感情の変化を知れたり、気持ちのバロメーターとして使っています」。

 


▼ ▼ ▼

千恵の2021年さらなる一歩

助けてもらった恩を娯楽で返していきたい

 

「自分はすごい周りに助けてもらっているから、自分が出演する映画や舞台で返していきたい。それが仕事を頑張るってことにも繋がるから。人に娯楽を提供するためなら、辛いことがあっても頑張れる。苦しいのと嬉しいのは表裏一体。娯楽だから、どんなことも楽しんで生きていきたいです」。


撮影/藤井由依(Roaster)
取材・文/石井佐代子
編集/祖谷美帆