手抜き感ゼロ! ラフアイテムをオシャレに着こなす、柴田紗希の帰省コーデが可愛すぎ♡

待ちに待ったホリデーシーズンが到来! 今年の冬休みは、帰省を考えてる人も多いのでは? そこでmerモデルの柴田紗希ちゃん(154㎝)が帰省を想定した3daysコーデを披露。みんなも年末年始の帰省ファッションの参考にしてみて。


\ 帰省コーデ /

「帰省のときは荷物を増やさないように、なるべくかさばらない洋服を選びます。服がいつも同じになりがちだから、コーデのアクセントになるような遊び心のある小物を意識して持ってくよ」。

 

_DAY1

新幹線に乗る日は
オシャレとラクチンを両立♪

モデル私物(●古着のコート/「トランポット」で16000円 ●中に着たタートルニット/ユニクロ。2990円 ●パンツ/ジュエティ ●帽子/アース ●メガネ/ゾフ×柴田紗希 ●バッグ/ル・ベルニ ●トランク/ゼロ。アウトレットで20000円 ●スニーカー/もらいもの)

「マニッシュな海軍コートをレオパードパンツでエッジィに。移動の日は、座席でゆっくりできるように締め付けのないタートルニット×レギンスが◎。移動のときはノーメイクが多いからメガネも必需品です。ミニバッグを肩掛けして、すぐに取り出したいものをインしているよ!」。

 

DAY2_

友達の家に遊びに行く日は
ほっこりレトロガーリーに

モデル私物(●カーディガン/ラインヴァンド ●中に着たTシャツ/プチバトー ●古着のスカート/もらいもの ●ユーズドのバッグ/「内田商店」 ●靴下/もらいもの ●ユーズドのパンプス/シャネル。「ゾゾユーズド」で19000円)
 

 

「白ニット×赤のドットスカートのレトロコーデは、ショート丈ニットでウエスト位置を高く設定したり、レディなヒールパンプスでほっこりしすぎないように調整。やわらかなニットならかさばらないから、荷物の多い帰省のときにも大活躍!」。

 

_DAY3

友達とのドライブは
ラフな中に小物でこなれ感を

モデル私物(●古着のスウェット/もらいもの ●ブラウス/ビリティス・ディセッタン ●帽子/不明 ●ユーズドのバッグ/ミュウミュウ。「ゾゾユーズド」で19000円 ●レギンス/コヒナ ●ユーズドのブーツ/「ジャンティーク」で20000円)

 

「モノトーンベースにパキッとしたグリーンのスウェットで差し色をプラス。部屋着にもなるスウェットは、気張りすぎないのにオシャレに着こなせて帰省時にも便利だよ。ラフなコーデだからこそ、フリルブラウスやハイブランドバッグでほど良くきちんと感をMIX。帰省中は髪の毛を巻くのが面倒だから、かぶるだけでOKなニット帽を重宝しています!」。


※●はすべてモデル私物です。価格はモデルの申告および編集部調べによるものです。
撮影/芝崎テツジ

取材・文/石井佐代子
構成/平木彩夏