【ベスト・ボーダーT・ブーツ】秋のマストアイテムを活用♡ カジュアル派・宮崎 葉の夏→秋のスイッチコーデ

秋の訪れとともに季節感を取り入れたいけど、寒暖差のある日々にコーディネートも迷いがち。そんなお悩みを解決すべく、夏服をベースにプラス1アイテムで叶う秋っぽコーデの作り方をご紹介♡ 今回は大人カジュアル好きなmerモデルの宮崎 葉ちゃん(163㎝)が、秋のトレンドアイテム一点投入でできる先取りコーデを披露してくれました!


How do you start “Autumn”?

「夏から秋にシフトするとき、まずは足元を変えることが多いです。例えばラフなTシャツスタイルは、サンダルからブーツやローファーにスイッチして重みを加えれば瞬時に秋らしい表情に。また、ベストなど夏だと重くなってしまうマニッシュなアイテムも、今の時季なら一点加えるだけで秋らしいかっちり感が出るのでオススメ♡」。


― YOU’s COORDINATE ―

__.01

Tシャツ×デニムのラフさを
黒のブーツで秋モードに格上げ

Summer

Autumn

「Tシャツとデニムの定番コーデは、サンダルから黒のハードなブーツにチェンジして秋らしいエッジを効かせました。あえてTシャツは白ではなくてネイビーをチョイスしてワントーンにすることで、大人っぽさをキープ! やや透け感のあるとろみ素材のTシャツだから、全身落ち着いた色みでもちょうど良い抜け感が出せます」。

モデル私物(●トップス/ヘイライフストア。5000円 ●パンツ/ユニクロ。3990円 ●ブーツ/韓国のオンラインストアで6000円)

 

 

 

 

__.02

涼しげレディなワンピースを
秋っぽボーダーでカジュアルダウン

Summer

Autumn

「襟付きなのに、ちょうど良い抜け感があるお気に入りのワンピースを主役にコーディネート。夏はインナーに黒を差して引き締めるけど、秋らしくシフトさせるときはボーダートップスでカジュアルに。差し色するのが好きなので、フレンチっぽいニュアンスの生まれる赤ボーダーをあえてセレクト。ちょっとゆとりのあるトップスのサイズ感も、こなれて見えるポイントです」。

モデル私物(●ワンピース/ユニクロ。4000円 ●ボーダートップス/セントジェームス。8000円 ●ローファー/ハルタ。12000円)
 

 

 

 

__.03

ハーフパンツがマニッシュに秋めく
黒ベストのハンサム効果

Summer

Autumn

「夏はカジュアルかつ爽やかに着こなしていたTシャツとハーフパンツ。秋は一転して、黒のベストを重ねてかっちりとメンズライクにシフトさせました。スクールっぽくなりがちなニットベストは、クルーネックの黒ならキリッとシャープな印象に着こなせて◎。丈が長すぎると腰の位置が低く見えてしまうので、絶妙なフィット感のサイズは重要なポイント。ネックレスをさりげなく見せてシャレ感もUP!」。

モデル私物(●ニットベスト12000円 ●トップス6000円/ともにビショップ ●パンツ/ナティム。もらいもの ●ネックレス/ハンドメイド ●靴下/不明 ●スニーカー/コンバース。5000円)
 

 

 


撮影/有坂政晴
取材・文/梅田恵里
構成/平木彩夏
※●のアイテムはモデルの私物です。価格は本人の申告及び編集部調べによるものです。