東京古着屋巡り♡ “女の子の聖地”にファン続出「the Virgin Mary(ザ バージン メリー)」

全国の人気の古着屋さんを巡る本企画。今回は、渋谷にある古着屋「the Virgin Mary(ザ バージン メリー)」にmer編集部がお邪魔してきました。女心くすぐる“可愛い”がギュッと詰まった人気店の魅力をたっぷりお届けします!

今回の古着屋さんは…“the Virgin Mary(ザ バージン メリー)”

明治通りから一本路地へ入った静かな通りに、白馬の置物やヴィンテージライクなトルソーが出迎えてくれる「the Virgin Mary(ザ バージン メリー)」はあります。オーナー・ありさんが2006年に高円寺で前身となる「カルトパーティー」を立ち上げ、その後2010年に拠点を渋谷へ移してザ バージン メリーをオープン。年齢に縛られることなく、その時その瞬間に心ときめくアイテムを纏ってほしいという想いから、“女の子の聖域”をコンセプトに「ザ バージン メリー(=聖母マリア)」と名付けたのだとか。今年で11周年を迎えるお店は、古着初心者はもちろん、オープン当初からのファンも頻繁に訪れるなど長きに渡ってオシャレ女子から愛され続けています♡


白を基調とした店内は、儚げなペールトーンの古着で溢れ、まさに“聖域”のような空間。アメリカで買い付けたオブジェや陶器、ぬいぐるみなども隅々に置かれており、女の子のお部屋のような雰囲気も醸し出しています。さらに、お客さんからのプレゼントや作家さんの作品も飾っていて、ザ バージン メリーに関わってきた全ての人との“可愛い”がギュッと詰まった場所になっています。

どんなアイテムに出会える?

20s〜70sのアイテムを中心にしつつも、年代にとらわれすぎずにキュンとくる直感を大切にアメリカで買い付けを行っているのだそう。こだわり抜かれてセレクトされたアイテムは、ザ バージン メリーらしいガーリーテイストやシアー素材のものから、民族調やメンズライクなものまで幅広いジャンルが並びます。それぞれテイストは違えど、お店の雰囲気に合った色使いでピックされているので、店内は統一感たっぷり。古着以外にも、バッグ、靴、帽子、アクセサリーなど全身コーディネートできるようなアイテムが揃います。コーデの提案をしてもらえるので、古着初心者や新しいファッションに挑戦してみたい人も気軽にスタッフさんに相談できるのも嬉しいところ♪

「古着が多い店内ですが、作家さんのアクセサリーや小物も一部で取り扱っています! こちらは、ザ バージン メリーのお洋服のはぎれで作られた帽子。旬のPVC素材やキュートな柄が、コーデのアクセントになること間違いなし♪ 全て一点ものなので、是非早めにチェックしに来てください」。(スタッフ・はなさん)

the Virgin Mary’s Recommend Items!

スタッフさんに「ザ バージン メリー」に来たらチェックして欲しい、おすすめアイテムをピックアップしてもらいました! 着こなし方も参考にしてみてくださいね♡

◆ シルクスリップワンピース

28000円

高級感のあるシルクワンピで大人可愛く♪
「最近はポリエステル素材のキャミソールが多い中、シルク100%というのがアンティークならでは。レースやリボン、お花のモチーフなど見入ってしまうほど、繊細な装飾がふんだんに施された一着です。甘すぎずな雰囲気で着るなら、足元はあえてスニーカーなどで合わせても可愛い♡
」。(はなさん)

◆ 刺繍ワンピース

12000円

夏のカラーコーデはポップなワンピでキメる♡
「70sの刺繍ワンピースは、華やかなビビッドカラーが夏にピッタリ! ちょっぴり遊び心のある苺の刺繍が個性を演出してくれます。1枚でサラッと着るのはもちろん、胸元のV字の切り込みが際立つようにプチハイネックのトップスを仕込んでも◎」。(はなさん)

◆ 総レースビジューガウン

9800円

透け感のあるレース素材でシーズンムードを加速♪
「アメリカで仕入れた60sのレースガウンは、他の古着屋でなかなか見ないレアなアイテム。総レースのディテールやところどころに使われたラインストーンが魅力です♪ 夏はTシャツ+デニムパンツに羽織ってカジュアルダウンするとデイリーに着やすい! ベルトでウエストマークして、ワンピ風にしてもGOOD
」。(はなさん)

the Virgin Mary Staff’s Snap♡

はなさん/153cm(付け襟/アンティーニー 古着のかぎ編みブラトップ、古着のTシャツ、古着のスカート/すべて「ザ バージン メリー」で購入 ネックレス/アクビ 靴下/あちゃちゅむ サンダル/シャカ)

高校生の頃に読んでいた雑誌を通じてザ バージン メリーを知り、お客さんとして長年通っていたというはなさん。誰かが昔に着ていたものを今は別の誰かが着ているという、お洋服一枚一枚の“歴史”が古着の魅力だと教えてくれました。
「淡いカラーのお洋服をベースに、襟や靴下など小物で赤を差してメリハリを付けました。身長が低いので、付け襟で目線を上に集めつつ、厚底サンダルで脚長効果を狙ったのがポイント。ザ バージン メリーはフェミニンなイメージがあるけれど、ガーリーからメンズライクまでジャンルレスなアイテムを揃えています。来店してくださるお客さんが幅広いテイストのお洋服に触れて、いつも選ばないようなアイテムを手に取ってもらえる機会になればと思っています♡」。(はなさん)

Shop Information

一歩お店に踏み込めば、“可愛い”が詰まった女の子のお部屋のような空間が広がるザ バージン メリー。隅々までこだわりを持ってデコレーションされた店内は、写真を撮る目的で来店するお客さんがいるほど。一見の価値ありです♡ 古着ならではのスペシャルなヴィンテージから、デイリーな着回しアイテムまで扱っているザ バージン メリーなら、自分だけのお気に入りの1着がきっと見つかるはず! 渋谷界隈を訪れた際は、是非一度足を運んでみてください♪

 

【 the Virgin Mary 】

■住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-30-6 秀幸ビル1-A
■TEL:03-6427-4709
■営業時間:14:00〜20:00
■アクセス:渋谷駅より徒歩10分

Instagram: @virgin_mary_tokyo


撮影/島崎雄史
取材・
文/家田柚香
※掲載商品はすべて税込み価格です。