センス良すぎ! 阿部朱梨はこの冬、ツウなデザイナーズブランドに夢中

次々とトレンドを作り出すmerモデルたちは、やっぱりHOTなオシャレアイコン♡ そんな誰よりもオシャレに敏感な彼女たちの、オール私服による冬の最新コーデをフィーチャー! この冬、どんなスタイルで行こうか悩んでいる人、必見です。


阿部朱梨(164㎝)の2020冬は

ボーイッシュな中に
デザイナーズアイテム
個性をプラス

「相変わらずボーイッシュなものが好き。メンズ服特有のかっちりした作りも好みだし、ハイウエストだったりと、何気にスタイル良く見える服が多くて、そんなところも気に入ってます。ここ最近は小さくても作り手のわかるブランドが好きで、シンプルコーデでもサマになる、ひとクセあるデザインを選ぶのもポイント!」。

Style1

キレイめオールインワンは
小物でヤンチャさを足して

モデル私物(●ニット/イオリ。20000円 ●オールインワン/マルト ●帽子/ホリングワースカントリーアウトフィッターズ。10000円 ●スニーカー/ナイキ。10000円)

「このマルトのオールインワンは、デニム地だけどシルエットが細身で、大人っぽく着られるのがお気に入り。ハイウエストで、足長効果も満点♡。キレイめに振れすぎないように、レオパード柄のファーハットやスニーカーで遊び心もMIXしたよ」。

 

Style2

デザインの効いた
モードなオールインワンは
潔く1枚で

モデル私物(●オールインワン/マルト。50000円 ●ピアス/スピック アンド スパン。5000円 ●スニーカー/タビト)

「後ろから見るとつなぎ風なキルティング素材のオールインワンは、ユニセックスアイテム。こちらもマルトのもの! フロント部分を取り外したり、裏地のチェックを見せたりと、マルチウェイに使えるところも◎。暗くならないよう、足元は白で明るさを加えて」。

 

Style3

カジュアルなパンツコーデは
小物でキレイめ要素を追加

モデル私物(●スウェット2990円、●Tシャツ1500円/ともにユニクロ ●パンツ/シンゾーン。18000円 ●ピアス/ye♡ ●靴/メゾン マルジェラ。70000円)

「スウェット×ワークパンツのカジュアルコーデも、ブラウンでまとめればほど良く女らしい雰囲気。ワイイー♡のフープピアスやヒールを合わせて、キレイめ要素を加えたのもポイント。ユニクロのスウェットはゆるっと着たいから、いつもLを選んでます」。


合わせるヘアメイク

ナチュラルメイクに
紅一点の赤リップで女らしく

「服がボーイッシュだから、メイクも薄めが気分。アイメイクは、ブラウンのラメシャドウをごく薄くのせるくらいがちょうどいい。リップだけは赤みの強いレンガ色で、女性らしく。髪も合わせて、ゆるっとひとつ結びにすることが増えたよ」。


OFF SHOT

あべりは

コロナを機に、
居心地のいい空間や
人とのつながりを
より重視するように

「コロナでおうち時間の大切さに改めて気づいて。家具を新調したり、居心地のいい空間づくりに励んでます。ファッションは、もともとデザイナーさん自身に惚れて、そのブランドのファンになることが多いタイプ。その傾向がますます強まり、大好きなマルトの服が着々と増えてます(笑)」。


撮影/有坂政晴
取材・文/北爪佳奈
編集/祖谷美帆

※●はすべてモデル私物です。価格はモデルの申告によるものです。