日焼け対策ばっちり! モデルが教える「海辺」で遊ぶの日のお手本コーデ3

連日暑い日が続き、海に行きたい気分が盛り上がる今♪ 海水浴場でなくても、浜辺を歩くだけでも夏気分が味わえるもの。そこでmerモデルのみんなに海に行くときのコーデを披露してもらったよ。コーディネートやみんなの行きたい理想の場所も一緒にチェックしてね。


三戸なつめ(153cm)コーデ
日常では着ないミニワンピで
海テンションを最大級に♪

モデル私物(●シャツ/クラシカルエルフ ●ワンピース/ヴィア バス ストップ。もらいもの ●帽子/フェリシオベッキ。「アーバンリサーチ」のセールで8000円 ●バッグ/ジップロック×ビームス クチュール ●ユーズドのサンダル/「ハグ」で5000円)

「海に行くときは普段はあまりしない可愛い格好がしたい! 赤×白のストライプが海っぽいミニワンピに、透けシャツを羽織って日焼け防止。さらにリボン付きの麦わら帽子で、とことんガーリーに。クリアバッグで海のレジャーっぽさをアップしたよ」。

こんなに行ってみたい♪  

「沖縄の海に行きたい。以前行った与那国島が良かったからまた行けるといいな。海がめちゃめちゃ透明だったよ!」。


碓井玲菜(163cm)コーデ
爽やかデニムスタイルで
夏のコーデを洗練させて

モデル私物(●ブラウス/ルル ●デニム/ビープ。4600円 ●麦わら帽子/ローリーズファーム。セールで1925円 ●ピアス/H&M。複数セットで1000円 ●バッグ/ウィゴー。3299円 ●バレエシューズ/ユードレッサー。4000円)

「日焼けをしたくないから、海でも長袖長ズボン! 海には入らず浜辺でゆっくりするイメージでコーデしたよ。つば広の麦わら帽子で日焼け対策バッチリに。ガーリーなビッグ襟ブラウスとライトデニムで、爽やかも意識。帽子と靴に赤を入れてアクセントに」。

こんなに行ってみたい♪ / 

「近場の海にはあまり行かないけど、年に1回家族で沖縄に旅行に行くのが恒例! 今年は様子見て行けるといいな」。


太田夢莉(164 cm)コーデ
海のブルーをイメージした
カジュアルボーイッシュコーデ

モデル私物(●シャツ/フーズフーギャラリー。6050円 ●Tシャツ/ベルシュカ。セールで2000円 ●古着のデニム/「フロリダ」で8000円 ●ベルト/スピンズ。1000円 ●バッグ/セールで1000円 ●キャップ/もらいもの ●スニーカー/ナイキ。8000円)

「海に行くときも、いつも通りストリートコーデがしたい。でも、海の色を意識して、全身ブルーで統一してみました。日焼けが気になるから、キャップと長ズボン。上はシャツにして、暑いときに脱げるように。海で遊ぶというよりは海辺の道を歩きたいから、足元はスニーカーに」。

こんなに行ってみたい♪ / 

「実は、プライベートで一回も海に遊びに行ったことないんです。でも江ノ島とか、海が見える街は好き。夜の海を見に行くのも憧れます!」。


撮影/有坂政晴
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月
※●はすべてモデル私物です。価格はモデルの申告によるものです。