モデルに聞いた! だる着に見えない【ワンツーコーデ】の組み合わせBEST3

おうちで過ごす時間がいつもより増える今年の夏。ラクチンなおうちスタイルもちゃんとオシャレなmerモデルのワンマイルコーデをご紹介。トップス+スカートのワンツーコーデの着こなしテクをチェックして。


阿部朱梨( 164cm)
白T×水色マキシスカート
…おしゃゆるポイント…

シンプルなリラックスコーデも
光沢感のあるスカートで女性らしく

モデル私物(●Tシャツ/ユニクロ。1000円 ●スカート/グリーンレーベルリラクシング。8000円 ●イヤリング/ア・フュー ジュエリー ●サンダル/ティキーズ。10000円)
「普段からゆるい格好が好き。ラクチンだから、気分的にも素でいられるんです。シンプルなコーデだからこそ、ミントブルーのスカートで爽やか&華やかに。ウエストの部分に光沢があるから、白Tをインしただけでも大人っぽく見えるよ。休日は髪もゆるっとまとめてすっきりと」。


柴田紗希(153 cm)
タンクトップ×派手柄スカート
…おしゃゆるポイント…

インパクト大な柄スカートで
ワンツーコーデもオシャレ全開!

モデル私物(●古着のタンクトップ/「ムール」で購入 ●古着スカート/「ララ」で購入 ●ユーズドのバッグ/プラダ ●ユーズドのブレスレット/「ペトリコール」で12000円 ●サンダル/シーナリー。セールで8000円)
「シンプルなタンクトップで、アフリカ柄のスカートを主役に! スカートをハイウエストでインすれば、スタイルアップ効果も期待できるよ。スカートに主張があるから、他は茶色などの落ち着いたトーンの小物で合わせて、大人の雰囲気に仕上げたよ」。

 


宮崎葉(163cm)
ボーダーT×ティアードスカート
…おしゃゆるポイント…

ボーイッシュ×ガーリーの
MIX感で人と差を付ける!

モデル私物(●Tシャツ/オーシバル ●スカート/ユニクロ。3000円 ●サンダル/スイコック。12000円)
「普段はボーイッシュなコーデが多いから、フレアスカートをはくときも他はカジュアルなアイテムを合わせたい。ゆるっとしたボーダーTで、リラックス感満載に。暑い時期は、軽やかに。足元もサンダルで涼しく!」。


撮影/有坂政晴
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月
※●はすべてモデル私物です。価格はモデルの申告によるものです。