女っぽ気分上昇!ちょい甘トップスの大人っぽスタイリング術

今回は、リボンや透け素材、フリルなどを取り入れた「ちょい甘トップス」コーデを特集。プロならではのガーリーになり過ぎない、大人な着こなし方をチェックしていきましょう!

リボン付きブラウス

(ADAM ET ROPE’ 池袋PARCO / yumiさん)

ラベンダーカラーが春らしい軽やかな楊柳素材のブラウス。ボトムは華やかなリボンディテールを引き立てるスリムなスラックスをチョイス。

バルーン袖ブラウス

(ADAM ET ROPE’ 鶴屋New-S / yukiさん)

身頃はコンパクトなサイジングで、バルーンスリーブのボリューム感が映える仕上がり。クラシカルな印象のブラウスは、デニム合わせでカジュアルダウンさせるとこなれ感がアップして◎

袖コンシャスブラウス

(ADAM ET ROPE’ 鶴屋New-S / AIRIさん)

ギャザーを寄せ、ねじった袖のデザインが特徴的なブラウス。トップスの生地にハリがある分、キャミワンピースは落ち感のあるものを選んですっきりと。

シャーリングブラウス

(ADAM ET ROPE’ 天王寺MIO / にしじふみかさん)

凹凸のあるサッカー生地ならではの程良い透け感がポイント。トレンド色の強いシアートップスは、ハイネックデザインで品良く取り入れてみて。

フリルカラーブラウス

(ADAM ET ROPE’ マリノアシティ福岡 / Tsukamotoさん)

甘めなフリル襟のブラウスを黒のパンツでピリッと引き締め。足元はバレエシューズにソックスを合わせ、コンサバっぽくならないよう調節するのがポイント。

着るだけで自然と女性らしさを上げてくれるブラウスたち。カジュアルなパンツやキャミワンピースと合わせて、デイリーに落とし込んでみて下さいね。