運命の1着はどれ?春にマストな「旬顔ベージュアウター」6選

いよいよ3月に入り、近づいてきた春本番——今回は、季節を象徴するようなベージュカラーのアウターを集めました。

フォルムも生地感もさまざまなアイテムたち。共通するのは、アウターにはマストな「着まわし力」です。春の気分を盛り上げる一着に、どうか出会えますように!

機能性の高い本格派ブルゾン

(¥53,900 / WOOLRICH / JOURNAL STANDARD 福岡店)

歴史あるアウトドアブランドで、毎年人気の本格派ブルゾンがこちら。程よいツヤのある生地に、ゴールドの金具でラグジュアリーな雰囲気をプラス。大人カジュアルにふさわしいアウターに仕上げました。

バランス良く着られる丈感だから、パンツにもスカートにもお似合いです。

BIGシルエットでこなれムード

(¥29,700 / Spick & Span 自由が丘店)

たっぷりとした袖まわりとオーバーシルエットが、こなれたムードを演出するノーカラーコート。トレンチのようなディティールで、程よくきれいに着られます。

綿麻素材を使った風合い豊かな生地が、シンプルなデザインに映える一着。もう定番アウターをお持ちの方にも、2着目の春アウターとしておすすめです。

シャツ感覚で、気軽に羽織って

(¥16,500 / FIL DE FER / NOMBRE IMPAIR 吉祥寺パークストア)

軽やかな着心地で、室内でも羽織っていられるライトアウター。旬のオーバーサイズや、すっきりと縦に長いVネックなど、メンズライクなディティールが光ります。

袖を折り返すと現れる、意外な配色がワンポイントに。まわりと差をつけたい皆さんにもいち押しです。

今っぽく着られるトレンチコート

(¥50,600 / FRAMeWORK 博多店)

ばさっと羽織るだけで様になる、ニュアンスたっぷりのBIGトレンチコート。オーセンティックなディティールを大切にしながら、シルエットで今っぽさを表現しました。

ハリと光沢のあるコットン地に洗いをかけて、休日にもオフィスにもなじむ、絶妙なカジュアル感に。幅広いシーンで使える、バランスのとれたデザインです。

長く愛用できる、上品なAライン

(¥28,600 / JOURNAL STANDARD 福岡店)

ノーカラーデザインが上品なAラインコート。シンプルな形だから、年齢もトレンドも問わず、末長く愛用できます。

フレアシルエットが歩くたびに揺れるのも魅力的。肩の切り替えを少し落として、程よい“抜け感”も添えました。前を閉じれば、ほんのりクラシカルな印象で着こなせますよ。

着こなしに合わせ、シルエットをチェンジ!

(¥28,600 / Soffitto 福岡ソラリアプラザ店)

軽くてシワになりにくい綿ナイロンを使ったフードコートは、春のお出かけにもぴったり!

裾やウエストがぎゅっと絞れるから、日によってシルエットを変えて楽しめます。バック裾のジップをあければ、スリットがお目見え。アレンジしがいのあるつくりは、服好きの皆さんにもおすすめです。

アウターはこだわって選んだ数着を、とことん使いまわせばOK。色はベーシックで華のあるベージュがやっぱりおすすめです。

なにはなくともアウターさえ決まっていれば、春のコーディネートも怖くありません!早めにキープしておきたいところですね。