こんな合わせもあり⁉ 差が付く「Gジャン」の取り入れ方

定番のカジュアルアイテムとして、毎年活躍するGジャン。王道アイテムだからこそ、人と違った着こなしが求められるもの。オシャレ上手なmerモデルにGジャンがこなれて見える着こなしテクニックを教えてもらったよ。


三戸なつめ(153cm)
定番だからこそテイストMIXでオシャレ感を増す

モデル私物(●古着のGジャン/「ウィゴー」で1900円 ●古着のロンT/「スナック」で5000円 ●古着のスカート/「ジャーナルスタンダード」で10000円 ●パンツ/センスオブプレイス。2000円 ●ユーズドのスニーカー/コンバース。「フラワー」で4000円)

Gジャン×レーススカートの定番カジュアルガーリーMIXを今っぽくアレンジ。Gジャンの中にバンドTを合わせて思いっきり古着感を出しつつ、レーススカートにリブパンツを合わせてカッコよく。リブパンツを合わせることで最旬のバランスに」。

▶ ワンポイントアドバイス

Gジャン自体が定番だからこそ、重ね着を頑張ったり、個性的なアイテムを合わせると人と差が付くよ」。


村田倫子(163cm)は
デニムONデニムコーデは華やか小物で差を付ける

モデル私物(●Gジャン/ハーヴェスト。15000円 ●Tシャツ/メリージェニー。3500円 ●デニムパンツ/アナトミカ ●スカーフ/キャセリーニ ●バッグ/ビューティフルピープル。20000円 ●スニーカー/A.P.C.)

Gジャンに同系色のデニムを合わせた、デニムONデニムコーデ。濃紺同士が重たく見えないようにインナーは白Tで抜けを。スカーフやロゴトートでメリハリを作って、ラフになりすぎないバランスに」。

▶ ワンポイントアドバイス

Gジャンもデニムパンツも、ゆるすぎないキレイめなアイテムで合わせるとカジュアルすぎないよ」。


柴田紗希(154cm)
ボーイッシュな中に小物で女性らしさをにじませる

モデル私物(●古着のGジャン/6000円 ●古着のつなぎ/「エイプリル」で10000円 ●古着の黄色のタンクトップ/5000円 ●黒のタンクトップ/ビリティスディセッタン ●ユーズドのバッグ/「アンジェララ」で10000円 ●靴下/靴下屋。300円 ●バレエシューズ/レペット。パリで25000円)

Gジャンにワークっぽいオールインワンを合わせたら、バッグと足元だけ女性らしく。Gジャンの襟のレオパード柄にあえて花柄バッグを合わせた柄×柄コーデも、面積が小さいから成功するよ。タンクトップの黄色をチラ見せさせてレトロな風合いに」。

▶ ワンポイントアドバイス

「メンズライクなGジャンは、どこかに女性らしいポイントを作るとグンッと雰囲気がアップするよ」。

 

 

碓井玲菜(163cm)
セットアップ風はビッグ×スキニーでバランス良く

モデル私物(●Gジャン/ウィゴー。5499円 ●Tシャツ/A.P.C.。15400円 ●デニム/スタイルナンダ。3000円 ●メガネ/ゾフ×菅沼ゆり。7000円 ●パンプス/ミラオーウェン。10000円)

「セットアップ風のデニムONデニムコーデは、セットに見えすぎないバランスが重要。濃い色で合わせつつも、ちょっとだけ色を変えたよ。上がビッグシルエットなのでボトムスはスキニーでメリハリを。Tシャツや靴は白にしてデニムが映えるように」。

▶ ワンポイントアドバイス

「デニムONデニムは、全然違う色だと難しいけど色のトーンを合わせると成功するよ。全く同じ色じゃなくて、少しだけ色みを変えるのがコツ」。


撮影/有坂政晴
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月
※●はすべてモデルの私物です。価格はモデルの申告によるものです。