シンプルだからこそ差を付けたい! 「ブラウス」のイメチェン着まわし3

春の定番アイテムのブラウスだけど、いつも同じような着こなしになりがち。そんなお悩みは、着まわしテクで解決しちゃいましょう! 今回は、merモデルの宮崎葉ちゃんがお気に入りのブラウスを使った着まわしコーデを披露。着こなしの幅は広がれば、春のオシャレがより一層楽しめちゃうはず♪


▼ 着まわしITEM ▼
●ノーカラーブラウス/ジャーナルスタンダード

気に入りPOINT

麻混素材
ナチュアルな雰囲気♡
カジュアルにも
合わせやすいノーカラー
変型デザイン
遊びゴコロも満点

 

宮崎葉(163cm)

◎ DAY-1

ブラウス×白Tで
カジュアル感を最大限に楽しむ

「ブラウスをTシャツの上にさらっと羽織ってラフに。無地同士だと寂しくなりがちだけど、ロゴTならPOPな印象に。さらにロゴバッグやダッドスニーカーでアクセントを。ブラウスはコンパクトすぎないサイズを選ぶとインナーとの重ね着も楽しめるよ」。

モデル私物(●ブラウスは着まわし ●Tシャツ/アーバンリサーチドアーズ。2800円 ●パンツ/ベルシュカ ●バッグ/アパートメント ●スニーカー/プーマ×アーダーエラー。16000円)

 

◎ DAY-2

カジュアルなサロペットに
ブラウスできちっと感をプラス

「オーバーオールの中にナチュラルなブラウスを忍ばせてフェミニンに。シンプルな黒のサロペットがボーイッシュだけど、ノーカラーシャツを合わせると女性らしさをMIXできるよ。さらにピアスで華奢な印象をプラス」。

モデル私物(●ブラウスは着まわし ●オーバーオール/カーハート。20000円 ●ピアス/蚤の市で1600円 ●スニーカー/コンバース。4500円)

 

◎ DAY-3

ベーシックコーデで
ブラウスのデザインを引き立てる

「シンプルな黒パンツに合わせて、ボタン周りが可愛いブラウスのデザインを目立たせました。ベレー帽やスニーカーは黒で統一したモノトーンコーデでブラウスを主役にしつつ、パープルのバッグでエッジをひとさじ」。

モデル私物(●ブラウスは着まわし ●ベレー帽/カシラ。7000円 ●バッグ/「プラザ」のセールで2000円 ●パンツ/ハコ ●靴下/無印良品。3足990円 ●スニーカー/コンバース。4500円)

 


ブラウスは重ね着もできるデザインを選ぶと
着こなしの幅が広がるよ!

みんなも春のブラウスコーデを楽しんでね。

 

撮影/藤井由依(Roaster)
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月
※●はすべてモデル私物です。価格はモデルの申告及び編集部調べです。