柴田紗希 “好き”で輝く3つのルール

\憧れモデルがいつもキラキラ輝いているワケ/
柴田紗希の
好きで輝くつのルール

大好きなヴィンテージ服を身に纏い、いつも元気にキラキラ輝いてるしばさきちゃん! 常に全力で頑張っている、その姿に共感している女子も多いはず。そんなしばさきちゃんが、輝き続ける3つの理由を教えてくれました。


好きで輝くMy Rule❶

世界観やテーマを決めて
自分らしいコーディネートに

 

ファッションを楽しむことは
自分の生活を彩ること

「小さな頃から、自分は自分らしくいたい!という気持ちがあって、人と違った個性的な服を着ることで自分らしさを表現できることに気が付きました。そこから、自分自身の性格も明るくなったと思います。歳を重ねるごとに新しいファッションができるようになるのが楽しくて、“この国の人になりたい”、“こういう女の子になりたい”とか、毎回なりたいイメージに合わせたテーマを決めてコーディネートを組んでいます。特に小物の使い方やバランスを考えるのがすっごく楽しいんです」。

 

—————LOOK1

(154㎝)

 

モデル私物(●古着のコート/「ヘイト&アシュバリー」で10000円 ●古着のニット/「アンジェララ」で購入 ●デニム/マウジー。7000円 ●ピアス/フラワー ●ユーズドのバッグ/ルイ・ヴィトン。「ヴィンテージ クー トーキョー」で購入 ●ユーズドのブーツ/ミュウミュウ。「ゾゾユーズド」で購入)

パリで生活していることをイメージして
ラフだけどこなれた雰囲気に

「“ちょっとお買い物に行こう~”と、ゆるい気持ちでいるパリの女のコをイメージ。モヘアニットとスキニーデニムをラフに合わせたら、足元は冬ならではのロングブーツを。ヒョウ柄コートを羽織った辛口コーデに、ニットのラベンダーカラーで甘さを加えた絶妙なバランスがポイント」。

 

LOOK2—————

モデル私物(●古着のライダース/「ジャンティーク 内田商店」で19000円 ●古着のニット、●ユーズドのイヤリング、●ユーズドのリング(薬指)8000円/すべて「アンジェララ」で購入 ●古着のパンツ/「ジャンティーク」で10000円 ●リング/ロンドンで500円 ●バッグ/ピュール。「ペトリコール」で購入 ●ユーズドのスニーカー/不明)

ライダース×ベルボトムで
ロンドンのバンドガール気分

「革の本格ライダースのコーデは、ロンドンに住むバンド好きのボーイッシュな女のコをイメージ。カラーアイテム同士で合わせつつも、ボーダートップスの赤とリンクさせたパンツで統一感を。全体的にPOPなコーデを、ライダースの黒で引き締めました」。

 

—————LOOK3

モデル私物(●古着のワンピース/「キュリオス」で購入 ●タートルニット/ユニクロ。1900円 ●ユーズドの靴/「アンジェララ」で8000円)

田舎町で暮らしてるような
レトロな女のコっぽく

映画“大草原の小さな家”に出てくる女のコの自然体なスタイルをイメージして柄ワンピースを主役に。これは他に同じ柄のパターンが存在しない、フランスのブランドの一点物のヴィンテージワンピなんです。独特のデザインにひと目惚れして、さらにサイズもぴったりで運命を感じました♡ 一枚で存在感があるから他はシンプルに合わせたよ」。


好きで輝くMy Rule❷

定期的に旅をして
心機一転する

 

心をリフレッシュするとともに
様々なことをインプットする時間

「東京ってすごく人が多いから、忙しなく感じるときがあるんです。だから、たまにはそんな環境から離れることも必要。離れることによって見えてくるものがたくさんあって、世界各地に旅行すると自分の悩みがちっぽけに思えてくる。旅は心と繋がってるから、優しい気持ちになって、心機一転して帰って来られるんです」。

「特に一昨年、ラオスを訪れたことは自分の中ですごく大きかったな。発展途上国なんだけど、みんな心が豊かでハッピーに暮らしている。とても素敵な国だなって思って、考えさせられました。国によって学ぶことはさまざま。イギリスやフランスだったら、ファッションへの冒険心を吸収して帰ってくる。でも、どの国に行っても可愛いは重要。その国の可愛いものを見つけるのも楽しみのひとつなんです」。


好きで輝くMy Rule❸

一期一会の出逢いや
一瞬一瞬の感情を大切にする

 

素敵な人達と出逢うことで
毎日を愛せるようになった

「日々の新鮮な気持ちを大事にしたい。新しい人と出会ったら、その方の人生を知りたいって思います。その方の人生に関わっていくと、自分にも大きな刺激になって今までになかった発想が生まれたり、いろんなことに気付かせてくれる。そうすることで自分の明るい未来がどんどんイメージできるんです」。

「さまざまな出逢いを通じて、すべてのことに意味があるということが分かってきました。たとえば悲しいことがあっても、それには何か意味があるんだって思えば、ラクだし前向きになれる。笑顔は大切なんだけど、笑顔じゃない日があってもいい! 心に正直に、自分にできることを全うする人生を送りたいから、どんなときでもプラス思考でいることが大切なんです」。


2020年の抱負

柴田紗希にしかできないことをしていきたいです。
みんなも、自分にしかできないことが
絶対にあるからゆっくり見つけていこう。
一日一日を自分らしく過ごせる2020年にしていこうね!

by. 柴田紗希


※●のアイテムはモデルの私物となります。価格はモデルの申告によるものです。

撮影/伊藤大作(The VOICE)
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月