小柄だから可愛い! 150㎝台モデルの「ふわもこアウター」着こなし

身長150㎝台・ミニマム女子のためのスタイルアップ講座。
ボアやファーなどのふわもこアウターは、小さいさんにとって着ぶくれやバランスが心配…。
今回は、154㎝以下のmerモデルが小さいさんだからこそ可愛い着こなしをレクチャー! ALL私服で紹介します。


 

ボアアウター”は厚底シューズでスタイル良く♡

三戸なつめ(153 ㎝) ―メリハリのあるふわもこシルエを実現

モデル私物(●ボアブルゾン/カスタネ。15000円 ●中に着たパーカ/ザ バック オブ ボーイズ。もらいもの ●スカート/ウィゴー。19000円 ●ユーズドのピアス/「アサギ」で3000円 ●タイツ/靴下屋。3足1000円 ●靴/ドクターマーチン。2万5000円)

「このボアブルゾンはお尻にかかるくらいの丈感がちょうど良い! ボリュームはあるけど、形がしっかりしているからバランスが取りやすいんです◎。足元はタイツで引き算してメリハリを。スニーカーだと何だか物足りないから、厚底ブーツでボリューム感と個性をアピールしたよ」。

ボアアウターの着こなしルール

「ふわもこアウターを着るときは、どこかすっきり見せるポイントを作るのがお約束。ミニスカ×タイツで脚を引き締めたのがポイント!」。

 

雪七美(154 ㎝) ―脚長テクニックでこなれ見え

モデル私物(●ボアジャケット/コーエン。6000円 ●ブラウス/エヘカソポ。4389円 ●パンツ/ユニクロ。2990円 ●イヤリング/アクセサリーブロッサム。セールで500円 ●スニーカー/キャセリーニ。9790円)

「ポケットがアクセントのジャケットは、ゆるシルエットだけどバランスが取りやすいショート丈が◎。白のジャケットは膨張して見えがちだから、ブラウンのパンツで引き締め。ボトムスに濃い色を持ってくると、下半身の配分が多くなって脚が長く見える! 靴も厚底でバランスUPしました」。

ボアアウターの着こなしルール

肩落としや抜き襟で着て、抜け感を出すように意識しています。首周りがすっきり見える髪型、トップスにするのもめちゃくちゃ大事!」


 

ファーアウター”は抜け感で大人可愛く♡

柴田紗希(154 ㎝) ―甘めのファーをスキニーでかっこよく

モデル私物(●古着のファーコート/静岡の古着屋で購入 ●古着のトップス/「アンジェララ」で購入 ●デニム/マウジー。7000円 ●ピアス/韓国で購入 ●ネックレス/ローリーズファーム。もらいもの ●バッグ/ミニミュート ●ユーズドのブーツ/ミュゥミュゥ。ZOZO USEDで2万円)

「ボリュームアウターはなるべくショート丈を選んで、外はふわっと、中は抜け感を出すことで大人可愛いコーデに。首が開いたブラウスで作る肌見せがポイント! 上が女のコらしい分、ボトムスはスキニーデニムとロングブーツでタイトにまとめてギャップを狙います」。

ファーアウターの着こなしルール

「着るだけで女性らしくなれるファー。ガーリーになりすぎないように、あえてメンズっぽいアイテムをMIXしてかっこ良く着たいな」。

 

江本るり恵(153 ㎝) ―ラフな肌見せでカジュアル感をMIX

モデル私物(●ファーコート/アンブーケ ●古着のトップス/「フラワー」で4000円 ●スカート/DHOLIC ●スニーカー/コンバース。1万円)

「ブラウンのファーなら、ボリュームをほど良く抑えられるうえに大人見えも確実! ボーダー×デニム×スニーカーでとことんカジュアルダウンして、抜け感のある甘辛MIXコーデに。ノーカラーだから冬は首元にマフラーを合わせてもバランス良くまとまるよ」。

ファーアウターの着こなしルール

「首や足など、冬でもどこか肌見せポイントを作るのが必須! さらにハイウエストで重心を上に持ってくるとうまくいくよ」。


いかがでしたか? モデル4人の着こなしテクを参考に、ふわもこアウターでもっとスタイルアップを狙っちゃいましょう♡

 

撮影/島崎雄史
構成・文/南形早紀

※●のアイテムはすべてモデル私物となります。価格はモデルの申告によるものです。