意外に着まわせる! 幾何学柄ニットの3daysコーデ

レトロな古着コーデが得意なタカハシマイちゃんが、この秋にしたいニットコーデを披露。人と被りたくないというマイちゃんのお気に入りは幾何学柄ニット。イメチェンが難しそうな柄ニットも、着こなし方次第で幅広いコーデが楽しめるんです。マイちゃんの着こなしテクを参考にして、今季は柄ニットに挑戦してみよう!



 

MAI’s favorite knit ♡
●幾何学柄ニット/トーガ プルラ
ー FAVORITE ー
・珍しい不思議な柄が可愛い
・レトロ感たっぷりな配色
・柔らかくて着心地が良い

 

タカハシマイ(165cm)

STYLE1

柄×柄でメンズライクな中に
可愛らしさを覗かせる

モデル私物(●ニットは着まわし ●古着のパンツ6000円、●ユーズドのバッグ7000円/ともに「バーネット」で購入 ●ニット帽/もらいもの ●靴/スティーブンアラン。10000円)

「レトロな柄ニットをマニッシュに着こなしたくて、チェックパンツをチョイス。柄×柄で合わせたけど、帽子、バッグはダークカラーで大人シックに。ニット以外のアイテムを渋色で揃えるとコーデがまとまるよ」。

 

 

STYLE2

フリルブラウスをインして
クラシカル感を倍増

モデル私物(●ニットは着まわし ●中に着た古着のブラウス/「バーネット」で4000円 ●スカート/ミルクフェド ●靴下/もらいもの ●パンプス/エンチャンテッド。12000円)

「柄ニットの中にハイネックのフリルブラウスを重ねてガーリーに。グリーンのフレアスカートで甘すぎないレトロ感を意識。派手柄ニット×カラーボトムスの難しめコーデは、ニットに入っている色とボトムスの色をリンクさせるとうまくいくよ」。

 

STYLE3

上からブラウスを羽織って
ふんわりフェミニンに

モデル私物(●ニットは着まわし ●古着のブラウス/「バーネット」で5000円 ●パンツ/スティーブンアラン。10000円 ●バッグ/ユニクロ ●パンプス/エンチャンテッド。12000円)

「ニットの上にテロっとしたサテンブラウスをレイヤード。厚手すぎないニットなら、ブラウスの重ね技でイメチェンできちゃうよ。全体的にベージュで揃えて、ニットの柄をちょっぴり見せるくらいのバランスが◎。ミニバッグやヒールで大人っぽく」。

 

 

\ 今季は柄ニットでオシャレの幅を広げてみては? /

 

撮影/芝崎テツジ
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月
※●のアイテムはモデルの私物となります。価格はモデルの申告によるものです。

ニットコーデ をもっと見る ◀