モデル発! 一歩先行く“チェックスカート”の着こなしテク

秋定番のチェックスカートは
今季もmerモデルの中で支持率急上昇中!
みんなが持ってる人気アイテムだからこそ
着こなし方でオシャレに差がつきます。
モデル達のコーデテクをチェックして
自分らしい着こなし方を見つけよう。


 村田倫子(163cm)

×キャメルシャツでオータムカラーコーデ 
▶合わせ方 POINT
「秋はグレンチェックが気分。チェックと色をリンクさせたキャメルのシャツで季節感をアップさせたよ」。

 

モデル私物(●スカート/GYF Tokyo ●古着のシャツ/ニューヨークで4000円 ●キャスケット/ベーセーストック。2000円 ●メガネ/ゾフ×村田倫子 ●バッグ/A.P.C. ●靴下/靴下屋。500円 ●シューズ/ドクターマーチン。20000円)

トラッド小物で
外国人風マニッシュに
「キャメルのラインが効いたグレンチェックのスカートに、シャツはインしてウエストのギャザーデザインを目立たせました。ガーリーになりすぎないように、メガネやマーチンもシックなカラーで統一してマニッシュに」。

 


橋下美好(158cm)

×ダッドスニーカーでカジュアルボーイッシュに
▶合わせ方 POINT
「ガーリーな印象のギンガムチェックのスカートを、あえてゴツめのスニーカーでメンズライクに」。

 

モデル私服(●スカート/もらいもの ●スウェット/ラコステ。9000円 ●サスペンダー/ニコアンド。2000円 ●バッグ/A.P.C.。30000円 ●靴下/靴下屋。3足1000円●スニーカー/プーマ。18000円)

清潔感のあるホワイトで
テイストMIXも攻略
「スポーティなダッドスニーカーも、ギンガムチェックの色とリンクした白ならチグハグせずコーデにマッチ。太めのサスペンダーで、上半身にもカジュアル要素を散りばめたよ」。

 


小嶋真子(160cm)

×黒ブラウスで上品レディに着こなす
▶合わせ方 POINT
「ウエストやプリーツなどのデザインが特徴的なスカートを、黒ブラウスで大人シックに」。

 

モデル私物(●スカート/スナイデル ●ブラウス/スライ。6000円 ●ピアス/ラティス。300円 ●ヘアピン/レ・シィーニュ。300円 ●ミュール/グッチ)

モノトーンコーデで
クラシカルガーリーに
「女のコらしいスタイルが好きだから、チェック×黒のフリルブラウスでレディに。全体をモノトーンでシンプルに合わせて、スカートのデザインを強調しました」。

 


 佐藤可奈子(156cm)

×メンズシャツでハンサムガーリーに
▶合わせ方 POINT
「部分プリーツのロングスカートを、メンズのノーカラーシャツでハズして上品すぎないバランスに」。

 

モデル私物(●古着のスカート12800円、●古着のシャツ6800円、●ユーズドのバンダナ2500円、●ユーズドのバッグ15800円、●ユーズドのローファー11800円/すべて「セバスチャン」で購入 ●靴下/靴下屋。700円)

ベージュのワントーンコーデで
ロングスカートをスッキリと
「ベージュ系のチェックなら大人っぽいシックな印象に。スカートの丈が長いから、トップスはイン&袖をロールアップして抜け感を演出したよ。全身のトーンを合わせつつ、小物は濃色にして引き締めました」。


ちょこび(154cm)

×ロゴスウェットでアメカジ古着っぽく
▶合わせ方 POINT
「チェックスカートにロゴのスウェットを合わせるのが好き。古着じゃないけど古着っぽい雰囲気が出せる」。

 

モデル私物(●スカート/スタジオクリップ。セールで1617円 ●ブラウス/ダブルクローゼット。2484円 ●スウェット/チャイルドウーマン。10584円 ●バッグ/ディーホリック。2657円 ●靴下/無印良品。3足1000円 ●スニーカー/コンバース。6264円)

赤のチェックスカートで
カントリーガールに
「スカートは薄手だけど、赤のチェックなら秋っぽく見えるよ。小物はカジュアルに合わせつつ、ロゴスウェットの首元からフリルを覗かせて女のコらしさもアピール」。

 

撮影/真名子
取材・文/石井佐代子
構成/竹嶋佑月
※●はすべてモデルの私物です。価格はモデルの申告によるものです。

Monthly特集①【モデルの秋私服】をもっと見る