真似したいフェスコーデNo.1! 村濱遥の「夏フェスルック」徹底解剖

フェス大好きガール♡
村濱遥夏フェスコーデ
オシャレすぎる!!

merモデルの中でもフェス好きで有名な村濱遥ちゃん。
毎夏5、6回は音楽フェスに行っているそう♪ そんな遥ちゃんのアウトドアファッションが「ラフなのにオシャレ!」「デイリーでも真似したい」と注目を集めているんです。
村濱流ファッションを完コピするコツを、フェスのタイプ別に見ていきましょう!

都市型・屋内フェス▶バンドTシャツをさらりとタウンユースに

モデル私物(●Tシャツ/「マカロニえんぴつ」のグッズ。2500円 ●パンツ/ニコアンド。3900円 ●スニーカー/コンバース ●バッグ/GU。1000円)

「好きなアーティストのバンTを主役に参戦! フェスの服装のまま街を歩けるようにバンTもさらっとデイリーに着こなしたい。薄手素材のチェックパンツを合わせれば、ファッションとしても可愛いし汗をかいても快適に過ごせます。ゆったり楽しむの日の足元は、カラーコンバースでオシャレ感重視」。

 

◆フェスに持っていくバッグはこれ!

「ボディバッグなら体にぴたっと密着してくれるから、走っても飛んでもストレスなし! 都市フェスは身軽にしたいから、荷物も必要最低限のものが入ればOK。シンプルだからどんなコーデにも合わせやすくて、最近フェスに行くときのバッグはほぼこれです」。

 

キャンプ・野外フェス▶アウトドアコーデを色・柄で遊ぶ

モデル私物(●ボーダートップス/メルロー。1500円 ●ハーフパンツ/ニコアンド。セールで1900円 ●帽子ニコアンド。2900円 ●バッグ/GU。1000円 ●靴下/無印良品。3足1000円 ●サンダル/キーン)

「屋外フェスはツバのある帽子がマスト。それから暑さ対策のハーフパンツ、足元を守るための靴下×サンダルと、ファッションは快適さを1番に考えます! とはいえ全身アウトドアで固めすぎず、カラーボーダーでちょっと遊んでも可愛い。靴は疲れにくいアウトドアシューズを服に合わせて選びます」。

 

◆+マウンパでどんな気候にも対応!

モデル私物(●マウンテンパーカ/クティール)

「寒暖差があったり、雨が降ったりする山フェスはアウターがあると便利! マウテンパーカはアウトドアコーデにしっくり馴染むから、1枚あるとさっと羽織れて安心です」。

ビーチフェス▶ラクちんワンピ&サンダルなら濡れてもOK!

モデル私物(●ワンピース/ニコアンド。セールで2900円 ●帽子/カリマー ●バッグ/GU。1000円 ●サンダル/テバ ●タオル/「My Hair is Bad」のライブで購入)

「バンT+パンツのコーデがテッパンだけど、実はTシャツワンピって動きやすくてめちゃくちゃラクなんです! ワンピは裾が気にならないひざ下丈、サンダルは素足で履いて水濡れも汚れもどんとこい!なコーデに。バンドタオルはフェスを楽しむための必需品。バッグに巻き付けたりして持っていきます」。

 

◆紐付き帽子+首タオルでUV対策は絶対!

「炎天下のビーチや海沿いでは日除けを万全に! 帽子のこだわりは、風で飛ばないように紐付きを選ぶこと。メッシュで通気性良いアウトドアブランドの帽子がお気に入りです。それから焼けやすい首の後ろはタオルでしっかりガード!」。


フェスに合わせた装備を完璧にして、自分に自信が持てるファッションで行けばきっと素敵な思い出が残せるはず♡ 遥ちゃんのコーデを参考に夏フェスを思いっきり楽しんでね!

 

撮影/pon
モデル/村濱遥

※●はすべてモデルの私物となります。価格はモデルの申告によるものです。