寒暖差なんてへっちゃら!シャツやカーデがダサくならない羽織りコーデとは?

梅雨に近づくにつれて悩みのタネになるのが、毎日の気温差。天気の変化によって気候も大きく変わるので、さっと羽織れるシャツ・ブラウスやカーデが大活躍の予感◎ 寒暖差対策ができて、こなれ感も出る“羽織り方”をSHOP STAFFのコーデと共にご紹介!

白ブラウスはテッパン!♡

ショート丈の開襟ブラウスをジャケット風に着こなしたカジュアルコーデ。スタイルUP効果抜群のショート丈を、ハイウエストのボトムと合わせたことで最強脚長コーデに仕上がっています。サンダルやカンカン帽でトレンド感を底上げ!


羽織りに困った時は、お気に入りの白ブラウスを活用◎ Tシャツの上にさらっと羽織れば大人っぽさがUPして気品のあるスタイルに。シンプルな白ブラウスこそ、透け感やショート丈などデザインが最重要!


女の子らしさが足りないな…という時は、レースブラウスをON! ブラックのデニム×Tシャツにレースのディテールが映えて、グッと可愛らしさがUPします。前の裾だけインして女性らしいラインを強調するのが上級テク。


シンプルコーデに合わせるなら柄シャツを!

ブルーのストライプシャツ×デニムのセットアップ風スタイル。デニムと色みを合わせることで統一感が出てコーデ全体を格上げ。衿をジャケット風に折り返したり、肩落としでこなれ感を出すテクニックは真似したい!


1枚持っていると便利なチェック柄シャツを羽織りに。シンプルな白T×ベージュパンツにチェックシャツを重ねるだけでワーク感のあるカジュアルスタイルに。シャツの裾は結ばず、ボトムにインしてクロスするように着るのがオシャレ◎


1枚で楽チンなチェックシャツワンピこそ羽織として大活躍。シンプルコーデに爽やかなチェック柄が映えて可愛らしさがUP! ふわっとしたシルエには、黒小物でメリハリを意識するとバランスのいいスタイルに。 ★暑くて羽織りを脱ぐときは・・・↓


気温が上がって羽織りがいらなくなったら、シャツワンピをビスチェ風にきるのが上級者テク◎ 胸の位置で袖を後ろから前に持ってきて、ぎゅっと結んでみましょう。暑くなっても邪魔にならず、さらにオシャレ度が高まります。


春夏のニットカーデは”レース編み”か”リブ”がマスト

レース編みのカーディガンは春→秋まで大活躍すること間違いなし! 繊細なレースが柔らかいワンピースとベストマッチ。 ニットカーデでも透け素材なら涼しげに見えて、さらっと羽織るだけでトレンド感UP。


リブニットのカーデは肌寒い日にもってこいのアイテム。縦のリブは細見え効果ばっちり◎ 着ぶくれしないので春夏でもスマートに着こなせます。 細身のデニムと合わせてスッキリ着ると好印象♡