大人女子が着たい!”開襟シャツワンピ”の着まわし3STEP

この夏も大人気のオープンカラーシャツ。実は、ワンピースの方が着まわせて、グンと大人っぽくキマるんです!
そんな大人女子からも注目が集まっている、オープンカラーワンピの着まわしバリエーションをご紹介します。

① 一枚で上品さを重視

総ギンガムチェックのワンピも、オープンカラーなら大人っぽく着こなせる! ヒールで差し色を加えるのが、上級者に見えるコツ。


[武智志穂]シャツワンピース7500円/haco! バッグ2490円/GU パンプス5463円/オリエンタルトラフィック

細めのボーダーワンピで爽やかさをプッシュ! 小物を渋色でまとめた上品なレトロコーデも、デコルテ見せで女性らしく。


[辻千恵]モデル私物(ワンピース/イネス・ド・ラ・フレサンジュ ユーズドのバッグ/メドウ バイ フラミンゴ 靴下/無印良品 ローファー/オデット エ オディール)

同じ色のベルトをしてさりげなくスタイルアップ! クールなオールブラックは、柄靴下で遊び心をプラスしてグレードアップ。


[阿部朱梨]ワンピース5900円/エヘカソポ バッグ2990円/ウィゴー 靴下700円/靴下屋 シューズ5900円/ジョリーアンコール

② 個性派ベルトでイメチェン

メンズライクなアイテムの組み合わせでも、広めに開いた襟からデコルテを見せれば女性らしさは出せる! ブラウンのベルトでレトロに仕上げると新鮮。


[村濱遥]モデル私物(ワンピース/ユニクロ ユーズドのキャップ ピアス/プティパ ベルト/ユニクロ 靴下/ニコアンド 靴/雑貨屋)

真っ白で清楚なワンピは、ウエストにスカーフを巻いてクラシカルにシフト。アクセサリーの色味を合わせるとオシャレ度がグンとアップ♡


[雪七美]モデル私物(ワンピース/シーソー スカーフ/お母さんのお下がり)

 

③ 羽織として使う

前を開けて、羽織として着るのもOK! 襟元のきちんとさで、ジャケットライクな印象に。同系色のニットビスチェをINした異素材ミックススタイルがオシャレ。


[塩谷めぐみ]モデル私物(ワンピース/ユニクロ)


撮影/芝崎テツジ、島崎雄史、有坂政晴、門山夏美
スタイリング/東里美、池田めぐみ