買い物で失敗しない!大人女子の“ロゴT”の選び方3つ

Tシャツはロゴが入っているだけで今年らしい! 大人女子も「子供っぽく見えそう」「手持ち服に合わせずらそう」と悩まず取り入れて、いつものコーデを新鮮にアップデートしましょう。絶対大人っぽく見えるロゴTと、その着こなしをご紹介します。

1_トレンド重視は「ミニロゴ」

さりげないミニロゴは、カジュアルすぎず人もコーデも選ばない人気者! 主張の少ない黒や紺ベースくらいが、今年は調度良い。濃色ボトムでさらにシックにまとめて、ロゴを引き立たせて。


[村田倫子]モデル私物(Tシャツ/アニエス・ベー スカート/セポ ベレー帽/キャセリーニ×村田倫子 メガネ/ゾフ バッグ/ブランド不明 靴下/ナイキ バレエシューズ/GU)

シンプルで繊細なロゴなら女性らしさが漂う。シックな濃色ボトムと合わせて上品にまとめて。カゴバッグなど女性らしい小物で盛り付けをすると、周りと差のつく着こなしに。


[菅沼ゆり]モデル私物(Tシャツ/もらいもの 古着のパンツ/チャンプル イヤリング/クレアーズ ベルト/ユニクロ バッグ/めいり取るボックス 靴/ハンター)

2_上品さNO.1は「モノトーン」

カジュアルなロゴTも、モノトーンでまとめると絶対大人っぽくキマる! ギンガムチェックなどガーリーな柄を取り入れることで、シンプルになり過ぎず程良く女性らしい。白シャツを重ねて、さらに上品にアレンジ。


[村田倫子]モデル私物(Tシャツ/アニエス・ベー パンツ/ザラ リネンシャツ/GU ベレー帽/キャセリーニ×村田倫子 シューズ/メルロープリュス)

可愛らしいロングスカートを、ロゴTでバランス調整! この程よいカジュアルさが男女ともにモテる。ベルトのウエストマークや袖ロールアップでひとワザ効かせて。


[まつきりな]モデル私物(Tシャツ/ディング スカート/ディーホリック ストローハット、ベルト/ともにGU スニーカー/アディダス)

3_キレイめの外し役は「がっつりブランドロゴ」

ブランドのロゴがしっかりと入ったTシャツは、キャッチーで主役級! オールホワイトであえてロゴを主張して、ハンサムに仕上げて。小物もロゴの色に合わせるなど、ミニマムなワンツーコーデで大人っぽく。


[村田倫子]モデル私物(Tシャツ/A.P.C. パンツ/スピック&スパン 帽子/カンゴール スニーカー/コンバース)

大きめロゴでも、ナチュラルカラーなら女性らしい! タイトなチノスカートと合わせてきちんと見せ。あえてオーバーサイズのTシャツをタックインすれば、華奢さが強調して女っぽりがUP。


[市川美織]モデル私物(Tシャツ/スピンズ 古着のスカート、ヘアアクセ/スピンズ 靴下/スラッシャー ユーズドの靴/ナイキ)

撮影:真名子、笹原清明、島崎雄史、有坂政晴
スタイリング:東里美