帽子で逆にダサくなってない? バランスのいい帽子コーデの作り方

コーディネートにアクセントをプラスしてくれる帽子。でも、合わせ方を間違えると、かえって全体のバランスが悪くなってしまうことも。
そこで今回は、この秋流行る帽子の種類別に、バランスのいいコーデの作り方をご紹介します。

「ベレー帽」は顔まわりに抜け感を

女性らしくガーリーなベレー帽。どんなコーデにも比較的マッチしますが、顔まわりに抜け感を作るとグッとこなれた印象に!

スウェットトップスなど、メンズライクな丸首のトップスにベレー帽を合わせるときは、おでこを出してかぶるのが◎ 髪をまとめずに、おでこだけを出すことで女っぽい着こなしになっています。


秋はシックな立ち襟ブラウスが大人気。ネックラインが隠れるトップスは、髪を1つにまとめ、ちょこんとベレー帽をかぶるのがおすすめです。首まわりをスッキリ見せることで、ベレー帽が悪目立ちせず、バランスのとれた着こなしが完成します。


朝晩は肌寒くなってきた今日この頃、軽めのアウターを慌てて引っ張り出してきた方も多いのでは。この時季活躍するマウンテンパーカなどのフード付きアウターは、ベレー帽と相性抜群! 顔まわりにボリュームが出るので、ベレー帽だけが目立つことなく、洗練された着こなしに見せてくれます。


「キャスケット」はタイトなシルエットを意識して

カジュアルさと可愛らしさをプラスしてくれるキャスケット。縦長シルエットを意識すると、グッとあか抜けた印象を味方にできます。

帽子の中では比較的、ボリューミーなアイテムのキャスケット。顔まわりにボリュームがプラスされる分、タイトスカートやジャストサイズのトップスなどを合わせると、全身のバランスが取りやすくなります。 膝上丈のスカートの場合は、写真のような台形シルエットのアイテムがおすすめです。


タイトなボトムスが苦手な方は、トップスをフィット感のあるアイテムにしてみて。反対にボトムスはワイドシルエットで、上下のボリュームにメリハリをつけると◎ 裾に向かって広がるパンツと、ふわっとしたキャスケットのボリュームで、女性らしいバランスのコーデに仕上がります。


アウターを羽織るときは、ボトムスもコンパクトなシルエットを選ぶのがおすすめ。トップスもジャストサイズのものを選び、“Iライン”を意識することで、キャスケットのボリュームが活きた着こなしが完成します。


「キャップ」は差し色かベーシックの二択

キャップはアクセントになるカラーを選ぶか、ベーシックな色合いでコーデに馴染ませると、バランスの良い着こなしに。色を変えるだけで、ガラッと雰囲気も見違えますよ。

秋冬は、自然とダークな色合いが多くなりがち。思い切って差し色になるキャップをプラスすると、コーデにメリハリが生まれ、全身のバランスがグッとよくなります。カラーキャップは顔まわりが華やかに見える効果もあるので、地味色コーデも洗練されて見えますよ。


1歩間違えると部屋着に見えてしまうようなシャツワンピース × レギンスの着こなしも、カラーキャップでメリハリをつけるとこなれ感のある印象に。キャップをかぶる際は、シャツワンピースを抜け襟にしてデコルテを見せると、女性らしい着こなしにが仕上がります。


カラーキャップとは反対に、キャップをコーデに馴染ませることでバランスがよくなるテクニックも。ベージュやブラックなどのベーシックカラーのキャップは、他のアイテムとカラーリンクさせると◎ 色を揃えることでキャップが悪目立ちせず、スッキリとまとまりのある着こなしを演出できます。