冬のコートいらない説! オシャレな人の “秋アウター” 活用術

merアプリの投稿の中から、コートの気分じゃないけど羽織りたい “アウター” をピックアップ!
街の着こなし上手さんがリアルにしている、暖冬だからこそできる 秋から冬まで使えるアウターコーデ をご紹介します。

最旬 “ボアアウター” は前を開けてゆるっと

ナチュラルコーデがお得意なコンドウアカリと柚子 さん。前ボタン&ノーカラーのボアアウターをチョイスしてとことんほっこり♡ 大ぶりチェックのセットアップと合わせることで、トレンド最前線のコーデに仕上がっています。


AMEさんは、パタゴニアのボアアウターでスポーティにシフト。オーバーサイズを選んで抜き襟するのが流行っているけど、あえてジャストサイズを選択。×ニットパンツでも、だらしなくない上級者のこなれコーデに!


“厚手のニット” は古着を選んで差を付ける

*kana* さんは、厚手のニットカーデで防寒! 流行に左右されない古着のデザインとボリューム感がたまらない♡ タートルネックの上からスカーフを巻いているのがオシャ見えするポイント。


n a n a さんも古着のニットをセレクト! 古着ならではのほっこりニットを主役に、全身オールベージュでまとめているから優しい雰囲気に。重たくなりがちなニットコーデは、髪を結んだり靴を素足で履くと抜け感が出て◎


“キルティングコート” は、黒で引き締めるのがポイント

軽くて暖かいキルティングコートは、オンもオフも使えて大活躍間違いなし! kanae さんは、襟が異素材のコートを披露。デザイン性が高いから、サッと羽織るだけでコーデが完成! 小物も黒でまとめているから、スタイリッシュなオールブラックコーデに。


おひな さんは、ノーカラーのキルティングジャケットを選択。襟がない分、首元のオシャレがとっても映える! 黒でそろえたアイテムがコーデをグッと引き締めています。本格的に寒くなったらインナーコートとしても使えて便利!


merアプリにコーデをご投稿いただくと、記事に掲載されmerienneとして活躍できるチャンス!コーデを投稿する際は、アイテムの名前やブランド名をタグ付けしてみてください。