150cm台でもスッキリ着られる!“ダウンジャケット”の正解着こなし

寒さが厳しくなると思わず手にとるアイテム“ダウンジャケット”。防寒はバッチリですが、小さいさんにとってはバランスを取るのが難しいアイテム。今回はそんなお悩みを解決するコツを、153cmのモデル・雪七美ちゃんがご紹介します。

1_タイトボトムス × ショート丈トップスでスタイルUP

小さいさんには、コンパクトなショート丈のダウンがオススメ。 タイトなボトムスをあわせることでスッキリとした着こなしが完成します。


鉄板のデニムスタイルは、インディゴのデニムでシンプルに。トップスはショート丈をチョイス! 実際よりウエスト位置が高く見え、脚長効果が期待できます。


[雪七美] フードフェイクダウンブルゾン4900円、ボリュームスリーブニット3,900円、レオパード柄巾着バッグ1,900円/andR ハイウエストデニムテーパードパンツ9000円/COHINA ブーツ/モデル私物

2_お目立ちトップス × タイトスカートでメリハリを出す

スカートスタイルもタイトなシルエットを選ぶのが◎。 Iラインを演出できるタイトスカートを合わせて、コーデにメリハリを作りましょう。また、スリット入りスカートなら抜け感のある着こなしが簡単に叶います。


トップスは、思い切ってインパクトのある柄トップスを選んでみて。目線が上に上がるので、全体のバランスがグッと良くなります。


[雪七美] フードフェイクダウンブルゾン4900円、ボーダーニット2,500円/andR ハイウエストデニムテーパードパンツ9000円、ウエストギャザー巻き風スカート8,000円/COHINA スニーカー/モデル私物

3_上下カラーをそろえてIラインを強調

ロングスカートも、合わせ方に気をつけると絶妙バランスのコーデが叶います。 スカートはダウンジャケットと同じカラーを選ぶのがオススメ。上下カラーを揃えることでIラインが強調されて縦長に見せてくれます。


ダウンジャケットは上まで留めすぎないのがコツ。ダウンジャケットの裾の広がりが抑えられるので、ほど良くボリュームダウンできますよ。


[雪七美] フードフェイクダウンブルゾン4900円、タートルネックニットプルオーバー3,900円、花柄ギャザースカート3,900円/andR スニーカー/モデル私物

撮影/pon
文・構成 /文 希紀