差し色コーデがキテる! 冬コーデは“ビビッドカラー”で脱マンネリ

ダークカラーのアイテムが多くなる秋冬は、ついコーデがマンネリしがち。街ゆくオシャレさん達は、そんなマンネリを差し色コーデで解消している様子。これからの季節に取り入れたいビビッドカラーアイテムと、着こなし術を紹介します。

Color1:ビビッドピンク

ビビッドカラーは、1点投入するだけでコーデをパッと明るく見せてくれるのが魅力。中でも女性らしい鮮やかなピンクは、差し色初心者さんなら小物で取り入れるのがオススメ。 ピンクの大判ストールやマフラーを巻くだけで、顔まわりが華やかになります。


トップスで取り入れるなら、ニット素材を選んでみて。ニットは柔らかい質感なので、ビビッドピンクをナチュラルに着こなすことができます。


思い切ってアウターで取り入れてみるのもアリ! 今年らしいボリュームタイプのショート丈ダウンなら、あか抜け感のあるアクティブコーデを演出できます。 ダウンを引き立てるよう、他のアイテムは物足りないぐらいシンプルに仕上げると◎。


Color2:クリアレッド

遠くからでもパッと目を引く赤は、秋冬のダークカラーと相性抜群のカラー。鏡を見て「なんだか今日のコーデ地味かな…」と感じたら、トップスを赤にスイッチするだけで、洗練された着こなしを楽しめます。


ビビッドピンク同様、赤もニットで着こなすとナチュラルな印象に。タイトなシルエットだとモード感が強くなってしまうので、リラクシーなロングスカートと合わせてラフに仕上げるのがオススメです。


ニットと同じく、赤をカジュアルに見せてくれるのがボア素材。もこもこの質感が、鋭い赤を優しい印象にしてくれます。 また、赤のアウターを着るときは、別のアイテムとカラーリンクすると全体の統一感がUP! カットソーのプリントなどで赤を取り入れると、さりげなくカラーリンクを楽しめます。


Color3:イエロー

身に付けるだけでハッピーなオーラが溢れる「イエロー」。初めてビビッドなトーンに挑戦するなら、小ぶりなバッグが使いやすくオススメ。今年トレンドの巾着型なら、合わせるコーデの鮮度をグッとUPしてくれます。


トップスで取り入れる場合は、少しまろやかな色合いのニットがオススメ。日本人の肌に馴染みやすいイエローニットは、このコーデのように1枚インナーを仕込むと、メリハリのある着こなしを楽しめます。


イエローのコートは、ノーカラーのデザインを選ぶと品良く着こなせます。黒ニット×デニムなど、シンプルな着こなしに羽織るだけで即おしゃれな着こなしが叶うカラーコート。ワードローブに1着あれば活躍すること間違いナシです。