折り方・幅でどう変わる? ロールアップの極意〈ストレートパンツ編〉

パンツのロールアップ、いつもなんとなくでやっていませんか? 実は、コーデによって似合うロールアップの太さが違うんです。
今から簡単にできるロールアップのコツを、ストレートパンツを使ってご紹介します。

キレイめ派にオススメ▶太め幅

太めのロールアップはカジュアルな印象ですが、実はキレイめコーデと相性バツグン! 太く折り返された裾からチラッとのぞく足首が脚全体を華奢に見せてくれます。バレエシューズなどで足の甲を出すと、抜け感が出て◎


モデル私物(パンツ/フラワー トップス/プードゥドゥ 靴/不明)

★Point 1回折りは、指4本〜手の幅分にするとカジュアルになりすぎない! 足首が見えるくらいまでしっかり折り返しましょう。


カジュアル派にオススメ▶細め幅

細かく折り返すことで、裾に向かって細くなるテーパード風シルエットに。どんなコーデもスタイリッシュに仕上がる! スウェット×デニムのカジュアルなスタイルも上品で洗練された雰囲気になりますよ。


モデル私物(着まわしたパンツ/フラワー スウェット/ユニクロ タートルネック/無印良品 靴下/靴下屋 スニーカー/コンバース)

★Point 指2本分の幅で2.3回折り返すと好バランス。細身パンツの場合、足元オシャレが際立つようにローカットの靴を合わせるのがオススメ♡


撮影/渡邉まり子
モデル/橋下美好
文・構成/大西美音