メンズトレンドから逆輸入!2019年は“白のロンT”レイヤードがくる

春や秋などに活躍するイメージのロンT。でも今年は、冬コーデに重ね着で取り入れるオシャレさんが急増中。実はこれ、オシャレメンズの着こなしの定番でもあるんです! 白ロンTで叶う“抜け感”上手な冬コーデ術をお届けします。

1.アウターコーデに抜け感を

ボアジャケットやダウンなど、今年はボリュームのあるアウターが大人気。厚手のジャケットを着こなす日は、ニットをロンTにスイッチするだけで抜け感が生まれ、軽やかなコーデを演出できます。寒さ対策はあったかインナーを忍ばせて。


肌の露出が少ないコーデほど、ロンTの抜け感効果が大きく発揮されます。厚手のムートンコートも、ロンTを仕込めば顔まわりがすっきりした印象に。


肩を落として着こなすアウターのスタイリングとの相性も◎。ボアジャケットと白ロンT、質感のはっきり異なるアイテムを合わせることで、同じ白でもニットには出せない抜け感が生まれます。


2.ニットに忍ばせる

この冬、おしゃれな人がこぞって実践しているのがニットINのスタイリング。白ロンTを忍ばせてチラ見せすることで、ニットをそのまま着こなすだけでは出せない“こなれ感”が生まれます。


Vネックニットにあえて丸首の白ロンTを忍ばせるのが上級者テクニック。1歩間違うとキレイめに偏りすぎてしまうVネックをあか抜けた印象で着こなせます。


白ロンTは首が詰まりすぎていないデザインを選ぶとGood! Vネックと白ロンTのバランスが不安な人は、デコルテの開きが少ないニットから挑戦してみるのがおすすめです。


3.ワンピースにレイヤード

冬に薄手ワンピースを着るときは、下にニットを仕込みがち。でもニットの種類や厚さによっては着膨れして見えることも…。白ロンTにスイッチするだけで、レイヤードでも抜け感のある着こなしを楽しめますよ。


ジャンパースカートのレイヤードにも白ロンTが大活躍。ニットにジャンスカを合わせるとほっこり可愛らしい印象に仕上がりますが、白ロンTなら洗練された印象で着こなせます。