どこかに「白」が正解! 冬コーデがあか抜ける“余白”の作り方

無意識に全身ダークカラーになっていたり、つい着込んでしまったりすることが多いこの時季。今回は、そんな冬コーデのお悩みを解決してくれるスタイリング術をご紹介! 白アイテムでコーデに余白を作ることで、グッと着こなしが見違えますよ。

「裾」見せで作る余白

ダークカラーや重ね着で重たくなりがちな冬コーデ。白のアイテムでコーデに「余白」を作ってあげることで、抜け感上手な着こなしを演出できます。 代表的なスタイリングが、ロンTレイヤード。Vネックニットの首元に白を足すのが基本ですが、裾もしっかり見せることで、ウエストINしなくてもメリハリのあるコーデを楽しめます。


裾見せのバランスは、5〜10cmぐらいがベスト。オーバーサイズ のニットには、サイズ感を合わせてゆるっとしたロンTをチョイス。ウエストマークのデザインニットと合わせれば、オーバーサイズ でも女性らしいカジュアルスタイルに。


オーバーサイズ同士のレイヤードコーデには、細身のパンツが相性抜群! 何気ないシャツも、1枚白のトップスを挟むだけで、こなれた印象に変身します。シャツのボタンはゆるく開けて、デコルテにも余白を作ってあげると◎。


「袖」チラ見せで余白

裾と同じように、ちょっとの違いでコーデが見違えるのが「袖」の余白。いつものニットに白トップスをINするだけで、あか抜けた印象を味方にできます。 基本は、1〜2cmぐらい裾が出るバランスだとGood! 手の甲にかかるぐらいの袖丈のものを選ぶと、調節しやすくオススメです。


レイヤードする白トップスは、シャツやブラウスでもOK。袖を軽くまくって着こなしたい時には、袖にボタンがついているシャツが便利です。コンサバっぽくなりやすいパープルも、袖に余白を作るとナチュラルに着こなせます。


袖の余白を作るスタイリングは、ワンピースにも使えます。黒ワンピに白のニットをINすれば軽やかな着こなしに。フレア袖には、袖口がぴったりとしたトップスを合わせるとスマートな重ね着を楽しめます。


白ソックスで作る「足元」の余白

冬コーデの足元は、白ソックスを挟むだけで全体のバランスがグッとよくなります。足首が見える丈感のデニムやパンツを選ぶとオシャレなバランスに。 足元に余白があると、重ね着やボリュームアウターを着込んでもコーデが軽やかに見えますよ。


トレンドのくすみダークカラーを取り入れたコーデにも◎。くすみ色を全身で取り入れると渋くなりがちですが、白ソックスで余白を作ると抜け感UP。 白ソックスが取り入れづらいと感じる人は、さりげなく靴とカラーリンクできるスニーカーを選ぶのがオススメです。


ボトムとシューズに統一感を出したいときにも白ソックスは打ってつけ! 白ソックスを挟むことで、トップス以外すべて黒のアイテムで揃えても、重たい印象になっていません。 白アイテムで作る余白コーデ術。ぜひ明日から取り入れてみて。