ちょいテクであか抜け!ロングスカートの今っぽい着こなし

気負わずにゆるっと履けるロングスカートは、ワードローブに欠かせないアイテム。今回は、ロングスカートのおしゃれを格上げする、垢抜けコーデ術をご紹介します。

定番・花柄ロンスカはラフに着こなす

ロングスカートの定番、花柄スカートは、今年スウェットを合わせてラフに着崩すのがオシャレ。スウェットはあえてメンズライクなサイズ感を選んで、ゆるっとした雰囲気に。


オーバーサイズのスウェットに手を出す勇気が出ない人は、無地のパーカーを合わせてみて。スウェット同様、少しゆるっとしたシルエットのアイテムを選ぶことがポイントです。


ニットワンピースを合わせた、ロング×ロングのコーデは、簡単なのに上級者に見えるスタイリングテク。ベルトでウエストマークすると、さりげなくメリハリのある着こなしが叶います。


ニットロンスカはワントーンで垢抜ける

トレンドのニットスカートは、ワントーンでニットの質感を引き立てて、差のつく着こなしに。単純に上下のアイテムを合わせるだけじゃなく、変化球をプラスすると◎。フォトプリントのTシャツは、ほっこりとした印象のニットコーデを、洗練された印象へ格上げしてくれます。


トップスからスカートまで、だんだん色を濃くしたらグラデーションコーデ。ショート丈のパーカーからボーダートップスをのぞかせたことで、グッとコーデの完成度がUP。表情のある着こなしに仕上がっています。


トレンドのエクリュカラーと白でまとめた、爽やかなワントーンコーデ。あえて下から白Tを見せるとコーデに余白が生まれ、抜け感のある着こなしが完成します。


デニムスカートはトップスをふわっとIN

Iラインを演出できるデニムロングスカートは、ウエストINしてスッキリ着こなすのが◎。トップスは完全にきっちり仕舞うのではなく、ふわっとINするのがポイント。程よくメリハリをつけることで、こなれた印象を味方にできます。 また、どんなトップスでも合わせやすいデニムスカートだからこそ、カラートップスで冒険するとキャッチーな着こなしを楽しめますよ。


デニムロングスカートを主役にしたコーデにぜひ合わたいのが、ウエストポーチ。目線が上に上がるので、デニムスカートで強調したIラインと伴って、脚長効果を演出できます。


手持ちのロングスカートで、早速スタイリングテクを取り入れてみて。