春のオシャレに差がつく! ヴィンテージスカーフの巻き方講座

古着屋さんに「スカーフ」の使い方を聞くシリーズ第2弾! 表参道の古着屋「セバスチャン」で働く佐藤可奈子さんに、春コーデに取り入れたいスカーフの使い方を聞きました。

春、憧れのヴィンテージスカーフを探そう

春の定番になりつつあるスカーフですが、ちょっとこだわりたいなら古着屋さんで探してみませんか? 1点もののヴィンテージスカーフって、パッと華やかだったり時代を感じる渋さがあったり、1つ1つ表情が違って選ぶ楽しみがあります。


今回訪れたのは、表参道の古着屋「セバスチャン」。海外から輸入してきたヴィンテージアイテムが揃っていて、状態の良さにも定評があるお店です。 そして今回も、「セバスチャン」の看板娘・佐藤可奈子さんにスカーフのおしゃれな使い方を教えてもらいます!


まずは基本の折り方をおさらい!

❶まずは平らな所にスカーフを広げます。


❷片方の端を、対角線上に向けて一折り。 このとき、折る幅によって太さが変化します!


❸次に、反対の角も右下から左上にかけて折り返します。


❹今度はまた、左上から中心の対角線に向けて折り返します。


❺最後に右下から左上にかけて折っていきます。


❻好きな幅まで折れたら完成! この折り方なら、スカーフの三角形の端が飛び出てくる心配もありません。


巻き方① 柄が映える「ネクタイ風結び」

派手な色・柄を取り入れるのに抵抗がある…という人も、ヴィンテージスカーフなら簡単でオシャレ! 好きな柄を主役にしてシンプルコーデのアクセントにしてみましょう。 まずは、定番の「ネクタイ風結び」から!


❶スカーフを首からかけ、片方を玉結びします。 この結び方だと、結び目のボリュームが出すぎない!


❷結び目の間からもう片方の端を通します。


❸結び目が留まる位置まで引き上げましょう。


こんな感じ。 「タートルネックやTシャツに合わせるのがオススメ。結び目ひとつでこなれて見えますよ!」


巻き方② レディな「チョーカー風後ろ結び」

春に取り入れたいのが、ピタッとしたチョーカーみたいな巻き方。 髪が短い人はそのままで、長い人は結んで首元を出しましょう。Vネックやオープンカラーのシャツを着るとさらにすっきりします。


❶スカーフをくるくるとねじります。 派手な柄でも、ねじることで欲しい色感だけをゲット。


❷後ろから首にかけて、一度前に持ってきてクロス。


❸もう一度後ろに持ってきて結びます。 キュッと固結びすればズレません◎。


❹後ろを垂らして完成! 「シンプルだけど可愛い結び方で、首元が華やかになります!」 ヴィンテージのスカーフひとつで雰囲気のあるオシャレが手に入ります。この春、ぜひ挑戦してみてくださいね。



【SebasTian】
住所:〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-22-14 サンハイツ山口2F
TEL:03-3405-4589
営業時間:12:00 – 20:00
SebasTian(セバスチャン)のInstagram→@usedsebastian
SebasTian(セバスチャン)のTwitter→@usedSebastian
佐藤可奈子さんのInstagram→@cona_sebas

撮影/渡邉まり子