着るだけ“抜け感”! 今春はワンショルが流行るって知ってた?

今、おしゃれな人から徐々に取り入れ始めているワンショルダー。肩をチラッと見せることで、抜け感のある着こなしが叶うアイテムなんです。どんなアイテムがあるのか、着こなし例と一緒にご紹介します!

ワンショルトップスは幅広い着こなしが楽しめる

ワンショルダーは文字通り、片方の肩を肌見せして着るアイテム。女っぽさが強くなりすぎないよう、ゆるっとしたシルエットや素材のアイテムで取り入れるのがポイントです。


ワンショルトップスの中には、気分で着こなしを変えられるデザインも登場しています。Uネックとワンショル、2つの着こなしを楽しめるトップスは、ワードローブの着回し力を底上げしてくれそう。


ワンショルダー固定のデザイントップスの中で、着回し力が高いのがメンズライクなシルエットのアイテム。一枚でリラクシーに、ウエストマークで女性らしく、など着こなし次第で表情をガラッと変えられるのが魅力です。


カジュアル派さんや、肌見せファッションに苦手意識を感じる方にはロゴトップスがおすすめ。さらに、アクセントになるカラータンクやキャミをINすれば、ヘルシーな肌見せを楽しめます。


ビスチェもワンショルダーが豊作!

ビスチェも、今春はワンショルダーに進化。トレンドから定番になりつつあるアイテムなだけに、ワンショルデザインを選べば、おしゃれ上級者な着こなしが叶います。


着回し力重視なら、肩紐が取り外せるタイプを選ぶと◎。ワンショルビスチェのハードルが高いと感じる方も、2WAYで着こなせるデザインなら安心してトライできるはず。 ショート丈のビスチェは、ウエスト位置を高く見せてくれるので脚長効果も狙えます。


個性派なおしゃれを楽しめるサロペット&アレンジ技

サロペットも今年、ワンショルダーデザインが多く登場しているアイテム。一歩間違えると子供っぽくなりがちですが、ワンショルダーだとハンサムな印象に。 キャップを合わせてもメンズライクになりすぎず、こなれ感のある着こなしを楽しめます。


ワンショルダーが気になるけど、わざわざ新しく買うのは……と悩んでいる人は、手持ちのアイテムでワンショルアレンジを楽しむのも◎。 胸下に切替があるタイプのキャミワンピやサロペットなら、片方の肩ひもを落として内側に折り込むだけで、ワンショルに変身します。似たデザインのアイテムを持っている人は、ぜひトライしてみて。