自然な立体感&マスクよれしづらいのはクリームタイプ!“シェーディング&ハイライト”の基本

屋外ではノーマスクでもOKと、当たり前だった日常が少しずつ変化し始めている今日この頃。そろそろメイクも本気モードにシフトチェンジが必要! そこで、基本はしっかりおさえつつ、トレンドを取り入れたメイクをプロが伝授。2回目のテーマは「シェーディング&ハイライト」。光と影を巧みに操って、メリハリのある顔立ちを叶えるテクニックに注目して!


 メイクの基本 
 シェーディング・ハイライト編 

「シェーディングもハイライトも、重要なのが馴染ませ方。しっかりぼかさないと“メイク感”が悪目立ちして、不自然な印象に。シェーディングは必ず大きなブラシで肌との境目を馴染ませ、ナチュラルさを演出。ハイライトはクリームタイプを使って、肌にしっかり密着させましょう」

Points

シェーディングはチークを仕込むとナチュラルに

パウダーを重ねて肌との境目を馴染ませる

目周りのCゾーンと目頭に光を集める

 

Items

A
シェーディングクリーム
ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム N BR-9 1100円※編集部調べ/コーセー
ブラウンチークをシェーディングとして使用。クリームチークだから肌に馴染みやすく、仕上がりがとってもナチュラル。なめらかなタッチでぼかしも簡単」
B
シェーディングパウダー
ブロンズパウダー 5172 4840円/NARS JAPAN
「陰影をつけながら、肌のシワや毛穴もキレイに整えてくれる優れもの。軽い仕上がりなのもGOOD」
C
ハイライト
フェイスエディション(カラースティック)01 1980円/エテュセ
「ほんのりピンクベージュがかっているから、肌浮きせずに馴染み感抜群。ツヤと透明感もにじみ出る」

 

How to

1
クリームチークをシェーディングのベースに

「スポンジにAを取り、おでこの真ん中→こめかみ→頰骨下→エラに向かって“3の字”を描くようにトントンと馴染ませます。伸ばしすぎると不自然な印象になるので注意して。クリームチークのブラウンなら、いわゆるシェーディングよりも肌に馴染んで、さり気なさが演出できます」

2
パウダーを重ねて境目をぼかす

「大きいブラシにBを含ませ。クリームチークを乗せた部位にレイヤード。大きなブラシを使うと、肌にべたづきせず、自然な陰影を仕込めます。その後、ブラシに残ったパウダーをエラ下にもさっとひとなですれば、さらにフェイスラインがほっそり!」

3
光を集めたい部位にハイライトをON

「眉の下から目尻に向かって、”Cの字”を描くようにCを直塗りします。その後指の腹で優しくたたき込み、肌にフィックスさせて。次に、Cを指に取り、目頭側の凹みにトントン塗り。立体感が生まれるだけでなく、ツヤも透明感もアップ!」

 

教えてくれたのは…
ヘアメイク 加藤志穂
「PEACE MONKEY所属。トレンドを巧みに落とし込んだテクニックに定評があり、タレントやモデル、アーティストからのラブコールが絶えない人気ヘア&メイクアップアーティスト♥

Shop list

コーセー 0120-526-311

NARS JAPAN 0120-356-686

エテュセ 0120-074316


※掲載商品はすべて税込み価格です。

撮影/藤井由依
モデル/辻千恵
文/末永陽子
編集/祖谷美帆